便秘解消TOP > 薬,腸内洗浄 > ピコスルファートナトリウム

ピコスルファートナトリウムと便秘

ピコスルファートナトリウムとは、便秘のお薬で検査で用いることもあります。大腸を刺激し腸の運動を活発にして排便をうながします。効果の発現は7~12時間後です。腸の運動が低下している「弛緩性便秘」に向きます。代表的な「大腸刺激性下剤」で、刺激性下剤としては、耐性を生じることが少ないです。錠剤のほか、液体やドライシロップもあるので、子供や高齢の人を含め各科で広く使われています。腸の手術や大腸検査にそなえ、事前に腸内をきれいにする目的でも使うほか、 妊娠中の便秘にも向くと言われています。

便秘解消チェック用語集について

便秘解消のための腸内洗浄法に関する様々な用語をジャンル分けしてまとめてみました。便秘の原因から便秘対策、整腸に関する医薬品、宿便をスッキリさせる食べ物や体操。さらに腸内洗浄に関する美容外科や腸内洗浄用品、お肌の悩みまで、腸内と便秘に関するあらゆる用語を、赤ちゃんから妊娠中の女性、高齢者の方までが活用できるよう検索機能をつけてまとめてみました。便秘を解消し、腸内を健やかにするのにお役立ていただければ幸いです。

サイト内検索

カテゴリー