便秘解消TOP > 妊娠 > 黄体ホルモン

黄体ホルモンと便秘

黄体ホルモンとは、排卵後、黄体となった卵の抜け殻から分泌されるホルモンで、子宮内膜に栄養が十分に行き渡るように作用し、大腸の蠕動運動を抑制する作用があります。妊娠したとき黄体ホルモンは、流産しないように子宮筋の収縮を抑制するはたらきもあるため、腸の動きが鈍って、いっそう便が出にくい状態り便秘になります。また、黄体ホルモンはもともと水分を溜めこもうとする働きもあるので、水分はいつも以上に吸収され便が硬くなって便秘になってしまうのです。

便秘解消チェック用語集について

便秘解消のための腸内洗浄法に関する様々な用語をジャンル分けしてまとめてみました。便秘の原因から便秘対策、整腸に関する医薬品、宿便をスッキリさせる食べ物や体操。さらに腸内洗浄に関する美容外科や腸内洗浄用品、お肌の悩みまで、腸内と便秘に関するあらゆる用語を、赤ちゃんから妊娠中の女性、高齢者の方までが活用できるよう検索機能をつけてまとめてみました。便秘を解消し、腸内を健やかにするのにお役立ていただければ幸いです。

サイト内検索

カテゴリー