« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月03日

カモミール

カモミールの鎮静作用は有名で、
古代エジプト時代から使われた最も古いハーブのひとつです。
胃腸の粘膜に働きかける作用があるといわれていて、便秘に効果があるだけでなく、
消化促進や利尿作用もあるといわれています。

投稿者 chokirei : 23:12 | コメント (0)

ファンネル

ファンネルについて、セリ科ウイキョウ属の多年草。和名はウイキョウといいます。消化器系の機能調節やホルモンバランスの調整をする。香味野菜として、肉や魚の西洋料理にもよく使われます。ウイキョウの茎は、利尿作用があり、リウマチ、痛風、腎臓・膀胱の病気にも効果があります。腸内のガスの排出を助ける働きもあります。

投稿者 chokirei : 23:13 | コメント (0)

ミント

ミントとは、シソ科ハッカ属の多年草の総称。ユーラシア大陸原産で、変種が出来やすく600種を超えると言われるほど多種多様な品種がある。主にペパーミント系 スペアミント系 アップルミント系 オレンジミント系などに分けられる。また、ミントは消化促進にも効きます。胃をあたためて消化を助け、腸内の余分なガスを出す効果があります。ほかにも頭が痛いとき、吐き気がするときに飲んでもよいです。薬用効果の高いのは、ペパーミントとスペアミントです。

投稿者 chokirei : 23:14 | コメント (0)

リコリス

リコリスとは、マメ科の耐寒性の草木で主な薬効は、抗アレルギー作用、便秘、リウマチ、関節炎。薬効的にはこのグリチルリチン酸が副腎皮質ホルモン(ステロイド)と似た働きをするのでリウマチ、関節炎、アレルギー疾患に対して効果があるといわれます。また、緩下作用を含む消化機能全体の正常化は便秘に効果を促します。ただし、血圧の上昇を伴うので、高血圧の方には向きません。

投稿者 chokirei : 23:14 | コメント (0)

カルダモン

カルダモンとは、ショウガ科の多年草です。スパイスの代表的なハーブ。カレーの香辛料にもよく用いられるスパイシーな芳香で消化にもいいと言われています。 胃腸を刺激し、消化を助け発汗を促すと言われています。身体を温めたい方にぴったりのハーブです。

投稿者 chokirei : 23:15 | コメント (0)

キャラウェー

キャラウェーはセリ科に属する耐寒性2年生草本であり、早春に種を藩き、2年目の初夏に開花、2カ月後に実が熟します。ケーキやパン等といったお菓子から、卵料理、肉料理と様々な料理に合うので、その用途も幅広いです。イギリスでは、消化を助け、腸内ガスを洗浄するということで、食後に頂くものとして喜ばれました。また、キャラウェーは、食物を非常においしくし、楽しませてくれるので、夫も他所で食事をしなくなり、空腹であっても、家庭料理の方が美味いから、寄り道なしに真直ぐ帰宅する。というたとえから出た俗言だと考えられます。

投稿者 chokirei : 23:16 | コメント (0)

コリアンダー

コリアンダーは、セリ科の多年草で非常に古くから利用されており、世界で最も利用人口が多いハーブと考えられています。完熟果実には消化を促進し、腸内ガスを抑える事から食後のデザートに好んで利用されました。O-リングで有名な大村恵昭医師によると、体内に残留する有害な金属を排泄する機能があるとされます。

投稿者 chokirei : 23:17 | コメント (0)

タラゴン

タラゴンは、キク科の多年草木で比較的歴史の新しいハーブで、中世以後から利用されてきました。
欲増進、健胃、消化不良など消化器系に効くほか、リューマチ、関節痛、頭痛、歯痛をやわらげます。
また、生殖器系の疾患にも効果があり、生理不順を正しホルモンバランスを整えるとされています。

投稿者 chokirei : 23:17 | コメント (0)

チャービル

チャービルは、セリ科の一・ニ年生草木で、利尿、消化促進作用と血行促進作用があり、胃腸に良い効果があげられます。また、肝臓とカタルの疾患を治し、関節の痛みを和らげます。葉には、ビタミンC、カロチン、マグネシウム等を含みます。興奮作用があるため低血圧に良く、また関節炎のパップ剤として用いました。

投稿者 chokirei : 23:18 | コメント (0)

ディル

ディルは、シソ科の一年草で、消化器系や内臓への効果は、便秘を解消させました。また、毒性のない優しい精油で、肝臓のトラブルのケアに、3~4歳の子供から安心して使うことができます。ヨーロッパでは,泣きやまない乳児に飲ませる消化鎮静剤として使われてきました。ミルクに種子を入れて温めたものは、神経を和らげるので、不眠症の人に寝付きをよくする効果をもたらします。

投稿者 chokirei : 23:18 | コメント (0)

ローズマリー

ローズマリーは、シソ科の常緑多年草で、強壮・強心作用があり神経を安定させます。
消化器系への効果は、ガスを排出し、便秘を解消させます。
また、心臓と頭脳の働き、血液循環をよくする効果もあります。
疲れ気味や元気のないときによく用いられます。

投稿者 chokirei : 23:19 | コメント (0)

レモングラス

レモングラスについて、エスニック料理でおなじみのレモングラスは、その名のとおりレモンに似た香りがします。疲労による食欲不振や消化不良に。整腸作用もあるので、便秘の時に用いると良いです。殺菌作用がありますので、風邪などが流行している時香らせるとよいです。乳酸を排出しますので、筋肉痛やコリに効果があります。

投稿者 chokirei : 23:19 | コメント (0)

レモンバーベナ

レモンバーベナは、地中海沿岸が原産地の,非耐寒性多年草です。レモンの香りのさわやかなハーブです。気持ちをリラックスさせ、消化を促します。胃腸機能の調整、消化促進作用や神経緊張をやわらげる効果は、便秘の時に用いると良い効果が現れます。神経緊張それに伴う抑うつや不眠にも効果があります。

投稿者 chokirei : 23:20 | コメント (0)

サイリウム

サイリウムは、オオバコ科でヨーロッパでは便秘の民間薬として用いられてきました。日本では、便秘薬のほか、食品としても利用されています。便の量を増やしたり、腸内の善玉菌をふやします。また、便通をよくし、血液中の余分なコレステロールを排出する作用もあります。

投稿者 chokirei : 23:21 | コメント (0)

オオバコ

オオバコ科の多年草です。この種皮から精製した水溶性の食物繊維には水を吸収すると膨らんで、便の量 を増やしたり、腸内の善玉菌を増やす性質があることから、便秘に良い効果をもたらします。昔から、薬草としても知られ、健胃・利尿・咳止め・眼病・歯痛止めなどいろいろの薬効があるようです。葉をあぶって腫れ物の吸い出しにも使うということです。

投稿者 chokirei : 23:22 | コメント (0)

プランタゴオバタ

プランタゴオバタとインドオオバコの学名です。その種皮は腸内で水分を吸収し、
膨潤し、容積を増し腸の蠕動を促進するこれも緩和な下剤になります。
消化酵素や腸内細菌によって分解されずに腸の蠕動運動を刺激して、便をスムーズに移動させます。
食事と一緒に摂取した場合糖質や脂質の一部を包み込み、便と一緒に
排泄するため、コレステロール低下作用と食後の血糖上昇を穏やかにする効果もあります。

投稿者 chokirei : 23:22 | コメント (0)

2005年09月10日

オリゴ糖

オリゴ糖は腸の健康を保つのに欠かせない食品です。主として善玉菌のエサとなり、他の悪玉菌のエサになりにくいので、オリゴ糖をとることによって善玉菌を増やすことができます。善玉菌が腸内で優勢になることによって、腸内環境は整えられ便秘体質から改善されるでしょう。便秘解消ために必要な善玉菌を増やす効果的な方法はオリゴ糖です。

投稿者 chokirei : 12:44 | コメント (0)

ゴマ

ゴマに含まれている不溶性食物繊維は、大腸内で未消化の食物繊維として便の量を増やし、
腸壁を刺激したり、便に水分を与え、便秘に有効です。便が腸内で水分を含み、スムーズな排便を起こすことができるからです。ゴマの食物繊維は皮にあるので、むきゴマでは効果がなく、そのままでもだめなのですりゴマがいいと言われています。食事にゴマを増やし、便秘を改善しましょう。

投稿者 chokirei : 12:45 | コメント (0)

ゴマリグナン

ゴマリグナンはゴマに含まれている非常に優れた抗酸化物質といわれています。便秘の解消によい食物繊維が豊富に含まれており、ほとんど消化されないまま腸へ送られ、腸内細菌に働きかけ、善玉菌を増やし、腸内環境を改善する働きを持っています。そのゴマの中でも炒ったすりゴマが最もゴマリグナンを吸収できると言われています。ゴマリグナンをいっぱいとって便秘を解消しましょう。

投稿者 chokirei : 12:48 | コメント (0)

ポリフェノール

ポリフェノールの中には便秘に有効な物質もあります。腸内の悪玉菌をやっつけ、腸内清掃をする作用があります。特にヤーコンはポリフェノールを豊富に含んでいてとても効果的だといえます。皮や皮付近にはポリフェノールが特に多く含まれていていますので、皮も一緒に食べることによって便秘解消を助けてくれるでしょう。

投稿者 chokirei : 12:49 | コメント (0)

ビタミンE

ビタミンEには血液の流れをよくする働きがあるため、腸の動きをよくしてくれます。つまり、ビタミンEをとれば便秘解消の効果があると言えるでしょう。ビタミンEを多く含む代表的な食品はナッツ類と植物油を含む食品です。便秘を治すためには毎日の食生活の中でビタミンEをかかさず取ることも一つの方法でしょう。

投稿者 chokirei : 12:52 | コメント (0)

抹茶

抹茶は、腸内の善玉菌には作用しませんが、悪玉菌の数を減らします。腸内の善玉菌の数が優勢になると腸内環境は良くなり便通がスムーズのなります。つまり便秘は改善されます。しかし、カフェインには腸の働きを鈍くさせる作用があると考えられています。あまり摂りすぎず、適量の抹茶で便秘対策に挑みましょう。

投稿者 chokirei : 12:55 | コメント (0)

ココア

ココアが便秘に有効といわれるのは、ココアに多く含まれるリグニンという食物繊維に秘密があります。リグニンには、腸をきれいにしながら、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす力があります。腸がきれいになるということは、適当に排便ができてるということですので、便秘解消につながります。

投稿者 chokirei : 12:56 | コメント (0)

2005年09月13日

美容外科

美容外科とは、外見的には正常な患者さんが、さらに美しくなりたい、若く見られたいという要望に応える治療医院。美容外科には健康保険が適用されないため、自由診察となります。(全ての治療代を自己負担すること)代表例として、プチ整形や、脂肪吸引、レーザー脱毛などがあります。腸内に溜まった悪玉菌や宿便を除去する腸内戦場も行っている。

投稿者 chokirei : 06:07 | コメント (0)

洗浄用品

洗浄用品について、一般的に、美容クリニック以外で腸内洗浄をする場合は、ネットなどで買える家庭内腸内洗浄器具と、美容・ダイエット食品といわれるビフィズス菌や、乳糖、酵素を加えた粉状のモノが挙げられる。美容・ダイエット食品をとりあつかう会社には、ほぼフリーダイヤルによるお客様相談室が設けられているので、お客様に合わせたアドバイスも行っている。

投稿者 chokirei : 06:09 | コメント (0)

美肌

美肌について、腸の中に長く留まっている便は腸の中の悪玉菌を増やして、お肌にトラブルを起こしやすい毒物を作りだし、血液といっしょに体内をかけめぐってしまいます。腸内洗浄をすることで、腸内の調子が良くなければ、肌にも表情にもそれがあらわれてきます。

投稿者 chokirei : 06:10 | コメント (0)

お肌の悩み

お肌の悩みについて、宿便は腸内の流れを妨げるため、栄養の吸収を弱めたりと腸内の機能を低下させてしまいます。健康面では大腸ガンなどの病気の引金になり、美容面では老廃物を溜め込んでいることで、不規則な生活や、タバコ、夜中に甘いものとることでも、腸内に負担を与え、肌荒れや吹き出物などの肌トラブルを引き起こします。腸内洗浄を行うと、大腸の働きのひとつである水分吸収の能力が十分に発揮され、体の新陳代謝が活発になり、肌が綺麗になったり、免疫力が上がります。

投稿者 chokirei : 06:11 | コメント (0)

皮膚科

皮膚科について、現代に生きる私たちは、食の欧米化やストレスで、腸内で悪玉菌が増えやすい環境に生きています、当然これに関係して免疫低下をともない、アトピー性皮膚炎を引き起こしたり、肌の症状が悪化している人も多い。よって、皮膚科でも、腸内洗浄を取り入れている病院がある。

投稿者 chokirei : 06:13 | コメント (0)

皮膚科専門

皮膚科専門について、皮膚科にも専門分野があり、アトピー専門、にきび専門、脱毛や、しみといったレーザーを使用することを専門とする皮膚科などがあり、腸内洗浄専門の皮膚科も挙げられる。”リラックス”がポイントの腸内洗浄。マンションの一室を医院にしたりと、さまざまな工夫が施すことができるのは、専門医ならでは。

投稿者 chokirei : 06:14 | コメント (0)

婦人科

婦人科とは妊娠以外の女性特有の病気、たとえば子宮や卵巣の病気を治療したり、女性特有のホルモンの病気、月経異常などを治療する科です。女医だけがいる病院ではありません。便秘は圧倒的に女性に圧倒的に多いです。それは黄体ホルモンが腸内から体内へ水分をとりこもうと作用するので、便が硬くなってしまうからです。そのため、婦人科でも腸内洗浄を行っています。

投稿者 chokirei : 06:15 | コメント (0)

女性クリニック

女性クリニックについて、女性の健康に関する情報を統合し、女性の交流する場を提供することによって、女性が自らの体について考え学んでいくことに役立てればなど、気軽に通える診療所としてクリニックと命名する院長もいる。女性特有の病気を診療する診療所である。

投稿者 chokirei : 06:16 | コメント (0)

水の力で洗い出す

水の力で洗い出すについて、腸内洗浄は溜まった宿便や毒素を特別な薬を使わずに体外へ水の力で洗い流す身体にやさしい治療法です。滅菌蒸留水を直腸から少しずつ注入し、温かいお湯が大腸を刺激することで収縮運動が活発になり、自然とはがれ落ちた宿便や毒素を洗い流します。家庭でも手軽に出来る腸内洗浄キッドも販売されています。

投稿者 chokirei : 06:16 | コメント (0)

確実に痩せたい

確実に痩せたいということについて、腸内を洗浄することで、腸の水分吸収が向上します。それが細胞の新陳代謝を向上させるはたらきがあるため、確実に痩せたいという方に、ダイエット効果が期待されます。また、便秘・宿便の解消はお腹を引っ込める効果があります。

投稿者 chokirei : 06:17 | コメント (0)

減量

減量について、腸内洗浄により、腸内にあった宿便が排出されます。人の腸内には、2~3㎏もの便が溜まってるといわれています。それを排出するということは、減量につながるわけです。また、便秘を解消する働きもあるので、腸に便を貯めません。腸内洗浄による新陳代謝向上は、脂肪を燃やす働きもあるので、減量につながります。

投稿者 chokirei : 06:18 | コメント (0)

ダイエット法

ダイエット法について、腸内洗浄は、腸の水分吸収を促進する働きがあるため便秘でお悩みの方やまたダイエットしたい方にもおすすめです。肌がしっとりとしたり、気になる下腹がへこんだ例もあります。腸の水分吸収も向上するので、細胞の新陳代謝活性にも効果があります。それは、脂肪の燃焼にもつながるので、ダイエット効果が期待されます。

投稿者 chokirei : 06:19 | コメント (0)

腸内洗浄施術

腸内洗浄施術について、腸内洗浄の施術前にカウンセリングを行い、患者の体調管理に配慮をします。腸内洗浄では、体温と同じ温度に暖め減菌処理されたクリーンな温水を使用し、専用の機器でゆっくり時間をかけて腸内に溜まった老廃物やガス・毒素などを洗浄排出します。約10分ほどの注入と排出を行い、これを4~5回繰り返すことでケアします。おなかを優しくマッサージし、老廃物が排出されやすいようリラックスした環境で行い、常に注入と排水をコントロールします。

投稿者 chokirei : 06:20 | コメント (0)

カフェコロン

カフェコロンは胃腸内視鏡の世界的権威である、新谷弘実教授によって開発された、NPO法人腸内環境研究会が推奨する、最も腸内洗浄に適したコーヒーです。腸内環境を整えるための乳酸菌生成エキス、オリゴ糖、各種ミネラルミネラル等がバランスよく入っています。

投稿者 chokirei : 06:21 | コメント (0)

コロンキット

コロンキットは、医療用具として認定を受け、自宅で簡単に出来る腸内洗浄器具です。コロンキット、ホース、エネマパイプ、液止めクリップ、ジョイント、からなります。NPO法人腸内環境研究会が推奨するコーヒー、カフェコロンをキットをもちいて、腸を洗浄します。

投稿者 chokirei : 06:21 | コメント (0)

高齢者

高齢者便秘は、弛緩性便秘と便秘をしやすい薬を服用することからなる慢性便秘が多く、
高齢者の約1/3が便秘で、年齢が高くなるとともに増加する特徴を持つ。

投稿者 chokirei : 06:22 | コメント (0)

老人

老人について、糞便嵌頓という、便が硬くなって排泄出来ない症状が出てくる。
これは、粘液や下痢便が糞塊の周りを通って出るので、便秘でないと誤解されることがある。
これは老人になると腸の感覚が低下するために排便の運動がおこらなくなり、便が貯まり
硬い大きな糞塊ができてしまうものである。

投稿者 chokirei : 06:25 | コメント (0)

看護

看護について、高齢者は通常、弛緩性便秘で自己管理としては食事に注意させる。
腸を刺激して腸の運動を促す乳酸菌などを増やすオリゴ糖や食物繊維を多く摂取させる。
また、加齢とともに乳糖不耐が生じるので、牛乳を飲用する方法もある。

投稿者 chokirei : 06:26 | コメント (0)

運動不足

運動不足について、腸は激しい運動により、激しくうごくが逆に寝ていると腸はほとんどうごかない。目が覚めて起き上がり、活動すると腸も動きだす。このため、高齢者になると体力の低下に伴い運動する機会が少なくなることにより腸の活動も少なくなり便秘になりやすい。

投稿者 chokirei : 06:26 | コメント (0)

繊維不足

繊維不足について、高齢になるにつれ消化のよいものを食べようとしたり、青物の野菜は歯に挟まり特に摂取出来ないとか食物繊維の多く含まれているものを取らなくなる。このため慢性的に繊維不足となり便秘になりやすい。

投稿者 chokirei : 06:27 | コメント (0)

腸閉塞

腸閉塞とは、腸にものがつまり便が通らなくなりことで、大腸癌が原因の場合が多い。
大腸癌が大きくなり、便を通さなくなる。この時、便が腸に長い間とどまると腸が腐り始め、
手術の必要がある。長い間そのままにしておくと命の危険がある。

投稿者 chokirei : 06:28 | コメント (0)

大腸機能の低下

大腸機能の低下について、大腸は老廃物を排泄する働きを持っているが高齢化とともにその働きは低下する。このことにより、高齢化が進むと老廃物を排泄しにくくなり、便秘へとつながる。

投稿者 chokirei : 06:28 | コメント (0)

小腸

小腸とは、食物を消化し、吸収されやすくするために「絨毛」「微絨毛」「輪状のヒダ」にわかれていて、
分節運動(ぶんせつうんどう:内容物をこね合わせ、混ぜ合わせる)と、蠕動運動(ぜんどううんどう;大腸に向かって送り出す作用)を繰り返しながら消化活動を活発化していきます。
小腸の免疫機能が衰えると、便秘になりやすくなります。

投稿者 chokirei : 06:29 | コメント (0)

直腸

直腸とは、肛門に近い大腸のことです。この直腸の神経が鈍くなっているときにおきやすいのが、
「直腸性便秘」です。排便を我慢する事が多かったり、浣腸を繰り返すなど、直腸に強い刺激を与え続けていると、直腸の神経が鈍くなってしまうといわれています。

投稿者 chokirei : 06:32 | コメント (0)

括約筋

括約筋とは、緩めたり、閉めたりする筋肉の総称です。
普段は尿や便が漏れないように閉めてるのが括約筋と言われています。
運動不足や、神経質などで、腹圧が足りない人は「内肛門括約筋」への
刺激が足りないため、括約筋の反応が鈍く、便秘になりやすくなります。

投稿者 chokirei : 06:33 | コメント (0)

便意

便意について、排便の前には必ず「便意」が起きますが便秘の人は、何らかの原因により「便意」が起きにくくなっています。便秘の解消法としてまず、便意を起こりやすくする事が大事です。簡単に便意を起こしやすくする方法としてマッサージやツボ押し、体操などがあげられます。

投稿者 chokirei : 06:34 | コメント (0)

自律神経

自律神経とは、心臓の動かしたり、汗をかくなど、自分では
制御できない自動的に働く神経のことを言います。
睡眠不足や生活リズムが乱れた生活を送ると、自律神経も不安定になり
便秘の原因のひとつにもなります。

投稿者 chokirei : 06:34 | コメント (0)

ぜん動運動

ぜん動運動とは、大腸が収縮運動して便を送り出すことをいいます。
日本人にもっとも多いタイプの便秘で「弛緩(しかん)性便秘」というのがありますが
これは、その「ぜん動運動」が弱くなって起こる便秘です。

投稿者 chokirei : 06:35 | コメント (0)

うさぎのような便

うさぎのような便(コロコロ便)をする場合は、
腸の運動が普段より、強すぎるときに起こるけいれん性の便秘だと考えられます。
これは精神的なストレスが原因だと言われています。

投稿者 chokirei : 06:36 | コメント (0)

兎糞(ウサギのフン)

兎糞とは、ウサギの糞のようなコロコロ便のことを言います。
けいれん性の便秘だと兎糞状の便になりやすく、若い女性に多い
と言われています。このけいれん性の便秘は精神的なストレスが原因だといわれています。

投稿者 chokirei : 06:36 | コメント (0)

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは、精神的なストレスを受けるとお腹の調子が
悪くなり、下痢や便秘、ガス過多などの症状が出ることです。
大腸の運動や分泌機能の異常で起こる病気の総称ですが、
レントゲン検査をしても異常は見られません。

投稿者 chokirei : 06:37 | コメント (0)

心療内科

心療内科とは、現代病と言えるべき「心の病」を診療してくれる内科のことをいいます。
多種にわたった病気を扱っていますが、本来、内科で扱われる病気も身体的な治療のみでは
治らず、心理的な面から治療を進めて行きます。
便秘の原因のひとつである、過敏性腸症候群など精神的ストレスから来る病気などを診てくれます。

投稿者 chokirei : 06:38 | コメント (0)

大腸の筋力

大腸の筋力が弱っていると、排便することができなくて便秘の大きな原因になるといわれています。
体の筋肉を鍛えることと同様に大腸の筋力を鍛えることで便秘が改善することができます。
食物繊維を摂取し便の量を増やし大腸に便が腸の中にあるということを認識させてあげて、
できるだけ腸を動かして腸の筋力を鍛えるようにさせてあげることが大事です。

投稿者 chokirei : 06:39 | コメント (0)

弛緩性

弛緩性便秘とは大腸のぜん動運動が弱く、大腸での便の流れが
遅いため、便の水分が少なく便が硬くなり排泄するのが困難になった
状態を言います。腹部などの筋力が弱くなることが原因のひとつで
高齢者やお産を経験した女性に多いと言われています。

投稿者 chokirei : 06:40 | コメント (0)

直腸の筋力

直腸の筋力が弱くなると、自分で排便できにくくなります。
そのため、便秘に繋がることが多いのですが、そのタイプを
直腸性便秘と言います。

投稿者 chokirei : 06:40 | コメント (0)

2005年09月14日

悪玉菌

悪玉菌とは、ブドウ球菌や大腸菌などのことを言います。
腸の中の老廃物を腐らせて有害な物質を作り出して腸の中を汚してしまう菌です。
食生活の乱れやストレスなどが原因で悪玉菌が増えると便秘にもつながります。

投稿者 chokirei : 08:09 | コメント (0)

腸壁

腸壁は大腸に溜まった腐敗便から出る成分などを吸収します。便秘の方の口臭や
体臭がくさくなるのもこれが原因のひとつです。
また、有害物質が腸壁を刺激することで、大腸ポリープを作る原因にもなります。
腸壁の筋力が弱くなったり、腸壁が黒ずんだりすると便秘につながるとも言われています。

投稿者 chokirei : 08:12 | コメント (0)

乳がん

乳がんについて、便秘によって引き起こる症状は様々ですがその1つに乳がんがあります。
便秘の人のほうが乳房に癌が転移する確立が多い異常細胞を持つ確率が高いといわれています。

投稿者 chokirei : 08:12 | コメント (0)

免疫

免疫とは、ウイルスや異物など自分の体にとって良くないものを排除し病気になるのを防ぐ自然治癒力のことを言います。このような病気を防いでくれる働きを免疫力と呼びます。腸の中の免疫力が弱くなると、悪玉菌が増えたり腸壁を傷つけたりなど、便秘の原因のひとつになります。腸内免疫を高めるにはヨーグルトなど善玉菌を積極的に摂取することが良いといわれています。

投稿者 chokirei : 08:13 | コメント (0)

花粉症

花粉症とはスギやヒノキなど、植物の花粉が原因でくしゃみ・鼻水などの
アレルギー症を引き起こす病気です。現代の日本人の2割が花粉症と言われています。
この花粉症ですが、腸壁の傷が原因となり、花粉症になることもあるといわれています。
腸内洗浄することによって便秘の解消だけでなく、花粉症のようなアレルギーを予防また解消することも出来ると言われています。

投稿者 chokirei : 08:13 | コメント (0)

アトピー

アトピーは、正式名はアトピー性皮膚炎です。皮膚にかゆみの強い湿疹が現れる病気です。乳幼児に多い病気でしたが最近では大人になってから発症する人も増えているようです。アトピーは腸の中の善玉菌や乳酸菌を増やすことが改善につながるといわれていますが、便秘は善玉菌を減らし、悪玉菌を増やすのでアトピーを悪化させる原因になります。

投稿者 chokirei : 08:14 | コメント (0)

アレルギー

アレルギーとは免疫機能の異常によっておこるものです。反応は人それぞれですが
食生活の乱れによる便秘の人の増加がアレルギー患者の増加にもつながっています。
アレルギーの人の腸の中の状態は腐敗した菌によって腸内が腐敗し
その影響により腸壁が傷ついてると言われています。

投稿者 chokirei : 08:15 | コメント (0)

冷たい水

冷たい水は便秘に良いといわれています。
胃の中に冷たい水が入ると胃大腸反射が起こって、反射的に
大腸のぜん動運動が促進され、排便が促されます。

投稿者 chokirei : 08:16 | コメント (0)

胃・結腸反射

胃・結腸反射とは胃の中に食べ物が入ると反射的に大蠕動が起こることを
いいます。この反射が悪いと結腸性便秘になりやすいといわれています。
食事の量が少ないと胃・結腸反射がおこりにくくなります。

投稿者 chokirei : 08:17 | コメント (0)

マッサージ

マッサージについて、便秘の解消法の1つとして手軽にできるのがマッサージです。おなかや腰の辺りをマッサージすると、直接的に大腸への刺激となりぜん動運動が促進されます。おなかの上を時計回りになでるように10~20回繰り返したり背中を伸ばし、腰の下から背中にかけて、上下にさすると腰の血行がよくなり便意が起きやすくなると言われています。

投稿者 chokirei : 08:18 | コメント (0)

食べすぎ

食べすぎについて、便秘の原因のひとつになるのが食べすぎです。体が消化吸収をしている時は、排泄の働きがとまります。夕食の食べすぎや、夜にお菓子を食べたりすると、夜中、体は消化吸収の働きをしていることになり、どうしても翌朝、便が出づらい体になってしまうのです。

投稿者 chokirei : 08:19 | コメント (0)

ストレス

ストレスを溜めると自律神経が乱れてしまい、消化器系の働きを
弱めてしまいます。そのため、ストレスを溜めてる人は便秘になりやすい状態と言えます。
ストレスを解消すると、副交感神経が優勢になり、便秘解消につながります。

投稿者 chokirei : 08:20 | コメント (0)

年齢的なもの

年齢的なものということについて、腸の中の善玉菌と悪玉菌の分布によって腸内環境や健康状態が決まりますが、その分布は年齢と共に変化します。年齢を重ねるにつれて悪玉菌が増加すのも事実なので、年齢的なものが原因となり便秘になりやすいと言えます。これはビフィズス菌など善玉菌を増やす食材を積極的に摂取することで防げるといわれています。

投稿者 chokirei : 08:21 | コメント (0)

ヨーグルト

ヨーグルトが便秘解消に良いというのは知られた話しです。
ヨーグルトは善玉菌と言われるビフィズス菌や乳酸菌を多く含み
便秘の原因の悪玉菌の力を弱める性質を持っています。

投稿者 chokirei : 08:22 | コメント (0)

オリゴ糖

オリゴ糖とは糖質の一種で、糖質は炭水化物を構成している成分の1つであり、その最小単位にブドウ糖や果糖などがあります。オリゴ糖にはフラクトオリゴ糖や大豆オリゴ糖、キシロオリゴ糖など様々な種類があります。このオリゴ糖は善玉菌の大好物でもあるので、オリゴ糖を摂取することで善玉菌が増えて、悪玉菌の勢いがなくなり、腸内の洗浄の手助けになります。

投稿者 chokirei : 08:22 | コメント (0)

食物繊維

食物繊維とは人間の消化酵素では消化することができない、食べ物の中に含まれる
成分です。食物繊維には便の嵩を増やしたり、善玉菌を増加させる働きを持っていますので
便秘を解消するのに良いと言われています。

投稿者 chokirei : 08:23 | コメント (0)

特定保健用食品

特定保健用食品とは厚生労働省が作った新しい制度で、体の生理機能成分を含み、おなかの調子を整えたり、保険の用途の為に利用され、国の厳しい審査のもと厚生労働大臣の許可を受けた食品のことを言います。特定保健用食品には便秘を予防・解消するのに効果的な食品があります。現在ではオリゴ糖類を含む食品・乳酸菌類を含む食品・食物繊維を含む食品以上3つの食品が許可を得ています。

投稿者 chokirei : 08:24 | コメント (0)

トクホ

トクホとは「特定保健用食品」の略語です。特定保健用食品とは厚生労働省が作った新しい制度で、体の生理機能成分を含み、おなかの調子を整えたり、保険の用途の為に利用され、国の厳しい審査のもと
厚生労働大臣の許可を受けた食品のことを言います。特定保健用食品には便秘を予防・解消するのに効果的な食品があります。現在ではオリゴ糖類を含む食品・乳酸菌類を含む食品・食物繊維を含む食品
以上3つの食品が許可を得ています。

投稿者 chokirei : 08:25 | コメント (0)

菌株

菌株とは菌・バクテリア・培養細胞を純粋に分離培養したものを言います。
便秘に良いと言われている善玉菌に関しては、菌株ごとに昨日が研修されており
同じ菌株によって機能が全く違うものもあります。

投稿者 chokirei : 08:26 | コメント (0)

痙攣性(けいれん性)

痙攣性(けいれん性)便秘とは、比較的に若い方に見られる便秘の症状で
ころころ便が少量・排便後に残便感があるなどの症状が見られます。
腹筋を鍛えたり、腸の働きを促すようなマッサージなどが
解消につながるといわれています。

投稿者 chokirei : 08:27 | コメント (0)

原因も様々

便秘原因は、便秘の種類が様々あるように、原因も様々ですが慢性便秘の場合は主に、体質と生活習慣に原因があります。食事の時間が生活の乱れによってバラバラだったり、栄養バランスが偏っていたり、水分が不足しているなどがあげられます。便秘改善には生活習慣を見直すことから始めると良いでしょう。

投稿者 chokirei : 08:28 | コメント (0)

症状

症状は原因によって様々です。慢性便秘には直腸性便秘(生活リズムの乱れなどが原因で排便習慣が悪くなっている)弛緩性便秘(大腸のぜん動運動が弱く、便の水分が不足し便が硬くなり排泄困難)
けいれん性便秘(大腸が緊張して便が通過しにくい状態)の3種類あると言われています。

投稿者 chokirei : 08:28 | コメント (0)

バリウム

バリウム便秘というのがあり、胃カメラを飲むその前に飲むバリウムが原因でおこる便秘。便秘がちの人がバリウムを飲むと、バリウムが大腸内で 固まり、ひどい便秘になることがあります。対処法として水分を多く摂る、下剤の薬を飲むといった方法があります。朝、煙草を吸うと、ニコチンが胃の壁を刺激して、胃液がたくさんでてしまい、胃の壁にバリウムがつきにくくなり、精密検査が必要という結果になることがあるので注意が必要です

投稿者 chokirei : 08:30 | コメント (0)

ひどい症状

ひどい症状の便秘には「浣腸治療」が良いといわれています。
浣腸により、おなかがすっきりして、気分爽快になる効果がみられます。

投稿者 chokirei : 08:31 | コメント (0)

頑固な症状

頑固な症状の便秘も「浣腸治療」が良いといわれています。
浣腸により、おなかがすっきりして、気分爽快になる効果がみられます。

投稿者 chokirei : 08:32 | コメント (0)

直腸性のもの

直腸性便秘とは、直腸内に便が送られてきても正常な排便反射が起こらずに、直腸内に便が停滞する便秘です。便意を抑制する人や、浣腸の乱用により、直腸の粘膜の神経が鈍った人に多く見られる便秘症状です。

投稿者 chokirei : 08:33 | コメント (0)

頭重が伴う

頭重が伴う症状について、便秘が原因で、様々な二次症状をおこしますがその1つに頭重があります。
これは便秘を解消すると、自然に治るので、自分の便秘の原因がどんなものなのかを知ることが大事です。

投稿者 chokirei : 08:34 | コメント (0)

のぼせが伴う

のぼせが伴う症状について、便秘が原因で、様々な二次症状をおこしますがその1つにのぼせがあります。これは便秘を解消すると、自然に治るので、自分の便秘の原因がどんなものなのかを知ることが大事です。

投稿者 chokirei : 08:35 | コメント (0)

肌あれが伴う

肌あれが伴う便秘に悩む女性は多い。
便秘をすると老廃物や腐敗物など、有害物質が血液に吸収され
皮膚から排泄する為に肌荒れが起こるのです。
腸の中をきれいにし、便秘を解消することで肌荒れを防ぐことになります。

投稿者 chokirei : 08:36 | コメント (0)

吹き出物が伴う

吹き出物が伴う便秘は生活リズムを改善し、老廃物や腐敗物などをすっきり排泄させることが大切です。

投稿者 chokirei : 08:36 | コメント (0)

妊娠

妊娠中はとても便秘になりやすいです。黄体ホルモンが増えるからです。
黄体ホルモンは便通を減少させることがあります。
また、妊娠中は便が固くなりやすいことも便秘になる原因です。それは大腸で水と電解質の
吸収が高まるからです。

投稿者 chokirei : 08:37 | コメント (0)

妊娠中

妊娠中は便秘になりやすいと言われています。妊娠初期はつわりによって食べられる量も減りるため排泄量も減ります。排便のリズムが狂い便秘になるのです。妊娠6ヶ月以降は妊娠子宮が増し、腸管が直接的に圧迫されて、便秘になりやすいです。

投稿者 chokirei : 08:38 | コメント (0)

妊娠とお薬

妊娠とお薬について、妊娠中の便秘の解消法は、妊娠していない時と変わりません。しかし、便秘の薬を飲むときは胎児に影響の無いものを選ばなければなりません。膨張性下剤は身体に害はありません。マグネシウム塩やセンナも一般的です。しかしヒシマ油やアロエは胎児を排出してしまうおそれがあるので使ってはいけません。

投稿者 chokirei : 08:39 | コメント (0)

妊娠初期

妊娠初期や妊娠中は便秘になりやすいです。
妊娠2週目から4週目の妊娠初期は、つわりや妊娠悪祖により食事の量が減ったり、
食材に偏りがでて、排便のリズムが狂い便秘になります。

投稿者 chokirei : 08:40 | コメント (0)

妊娠中のお薬

妊娠中のお薬について妊娠中は便秘になりがち。ついつい薬に頼ってしまいがちですが、妊娠中は胎児への影響を考え身体に害の無いものを選びましょう。膨張性下剤は害があまり無いといわれています。
マグネシウム塩もセンナも便秘に効果的という意見もあります。

投稿者 chokirei : 08:41 | コメント (0)

妊婦のときの解消法

妊婦のときの解消法について、妊娠中でも基本的には妊娠していないときと便秘の解消法は変わりません。朝起きたらすぐに水や牛乳を飲んで、腸に刺激を与えてください。運動も便秘の解消に有効ですが、妊娠中は無理をせず、軽い運動や散歩、妊娠体操などで軽く身体を動かしてください。便秘は精神的な部分も高いためリラックスすることが大切です。

投稿者 chokirei : 08:43 | コメント (0)

産後

産後について、妊娠中の便秘による排便のリズムが、産後もしばらく続くことがあります。
また妊娠中の運動不足も便秘の原因です。
産後は今までの運動不足を解消するためにも、適度な運動が必要です。

投稿者 chokirei : 08:44 | コメント (0)

マタニティビクス

マタニティビクスとは妊婦のためのエアロビックエクササイズで、エアロビクスから妊婦に不向きな動きを除き、効果的な動きを取り入れ、また安全性をデータで確かめながら作られた運動です。マタニティビクスを行うことにより、妊娠中に起こりやすい便秘や足のむくみ、腰痛予防し、ウェイトコントロールすることができます。妊娠中に起こりやすい便秘に効果的な運動とされています。

投稿者 chokirei : 08:45 | コメント (0)

運動不足

運動不足について、便秘は、大腸の運動不足ということが原因の一つにあげられます。効果的な運動方法は「からだをひねる運動」と「腹筋運動」です。妊婦の方は不用意にやらずに、医師に相談してやるようにしてください。妊娠中の激しい運動は厳禁ですが、軽い散歩や妊婦体操などで適度に体を動かすと全身の血液循環が良くなり、腸の動きが促進され、便秘解消の一歩に向かいます。

投稿者 chokirei : 08:46 | コメント (0)

いきめない

いきめないということについて、妊娠中便秘になりやすいのは、いきめないことが原因の一つにあげられます。なぜ妊娠中にいきめなくなるかというと、ホルモンの影響で筋肉が弛緩したり、大きくなった子宮による圧迫などで長の動きが鈍ることや、赤ちゃんが気になって上手くいきめないのが主な原因になります。便秘対策として、食物繊維をふだんより多めにとることが解決の一歩になります。

投稿者 chokirei : 08:47 | コメント (0)

子宮による腸の圧迫

子宮による腸の圧迫が大腸の動きを鈍らせることから、妊婦中は便秘になりやすくなります。解消法としては、腸の圧迫や骨に圧力をかけないように横向きになったり、よつんばになることが効果的です。妊娠中は腸だけではなく、心臓や胃、肺やなども圧迫されます。便秘だけではなく、妊娠中はさまざまなことに注意しなければなりません。

投稿者 chokirei : 08:48 | コメント (0)

黄体ホルモン

黄体ホルモンとは、排卵後、黄体となった卵の抜け殻から分泌されるホルモンで、子宮内膜に栄養が十分に行き渡るように作用し、大腸の蠕動運動を抑制する作用があります。妊娠したとき黄体ホルモンは、流産しないように子宮筋の収縮を抑制するはたらきもあるため、腸の動きが鈍って、いっそう便が出にくい状態り便秘になります。また、黄体ホルモンはもともと水分を溜めこもうとする働きもあるので、水分はいつも以上に吸収され便が硬くなって便秘になってしまうのです。

投稿者 chokirei : 08:49 | コメント (0)

すまし汁

すまし汁とは、出し汁に醤油・塩などで味付けをした透明色の吸い物。
だしに使われる昆布には食物繊維が多く含まれているので便秘解消に良いといわれています。

投稿者 chokirei : 08:50 | コメント (0)

大豆たんぱく

大豆たんぱくとはとは、枝豆、納豆、豆腐、味噌、醤油等に含まれる良質のタンパク質です。
腸内でのコレステロールの吸収を抑制し、排出する働きがあると考えられ、
特に高コレステロール血症の場合に悪玉コレステロール値を下げる作用がある。

投稿者 chokirei : 08:52 | コメント (0)

ビール酵母

ビール酵母とはビールの発酵の時に使われる発酵菌です。
ビール酵母には整腸作用や代謝機能を高める働きがあり
食物繊維も含まれている為、便秘解消に効果があることで知られています。

投稿者 chokirei : 08:53 | コメント (0)

腸内洗浄

腸内洗浄は腸壁に付着した「腸壁の汚れ」を押し出す方法です。
腸内の汚れを排除する為には、水で洗い流すことが重要です。
腸内洗浄は腸壁にこびりついている「腸壁の汚れ」を定期的に排出してあげることによって、
便秘解消に効果があると言われています。

投稿者 chokirei : 08:54 | コメント (0)

腸マッサージ

腸マッサージについて、腹部をマッサージすることで便秘で硬くなった腸を揉みほぐします。
その為、腸の動きをスムーズにするので、腸マッサージは便秘に効果的と言われています。

投稿者 chokirei : 08:54 | コメント (0)

大腸洗浄

大腸洗浄について、大腸内には便秘で溜まった便や腸の中にこびり着いた宿便が残っています。
この便秘や宿便を大腸内にお湯を入れたり出したりして洗浄します。
宿便を排出する事によって便秘解消に効くと言われています。

投稿者 chokirei : 08:55 | コメント (0)

腸洗浄

腸洗浄とは、腸をきれいに掃除してあげることで、水分吸収の働きを促進し
筋肉の緊張を和らげ、腸の運動能力を活発にする方法の1つです。
腸の活動を活性化することにより便秘の解消につながります。

投稿者 chokirei : 08:56 | コメント (0)

フコイダン

フコイダンとはメカブ、昆布などの海藻特有のぬめりの成分に
含まれる水溶性食物繊維の一種です。 水溶性食物繊維は、
大腸内に運ばれると、腸内環境を整える作用がある為、便秘の改善になります。

投稿者 chokirei : 08:57 | コメント (0)

メカブ

メカブとはわかめの一部分で、根に近いひだの多い部分です。
水溶性のぬるぬるした粘質多糖類と呼ばれる物質を多く含んでいます。
粘質多糖類は腸を刺激して排便を促したりするので便秘の解消になります。

投稿者 chokirei : 08:58 | コメント (0)

キノコ

キノコには大腸内改善に効果があると考えられている食物繊維が多く含まれている為、
摂取することで便秘解消に効果的と言われています。

投稿者 chokirei : 08:58 | コメント (0)

発酵食

発酵食について、発酵とは、人間のために役立つが微生物の働きで、発酵食品には納豆、味噌、しょうゆ、酢、漬け物、ヨーグルト、塩辛、かつを節、甘酒日本酒、ビール、天然酵母パン等がある。発酵食品には、腸の老朽化を防ぐ働きや、善玉菌を増やす成分が含まれているため、便秘にも良いといわれている。

投稿者 chokirei : 17:26 | コメント (0)

善玉菌のすみか

善玉菌のすみかとなるのが、食物繊維であり、レモンペクチンなどがあげられる。レモンペクチンは、悪玉菌の栄養源となる肉などのたんぱく質を分解してくれる。食物繊維は腸内細菌にとって大切な成分であり、主にきのこ類のエキスや、大豆を発酵させたものが、善玉菌の棲みよい環境をつくり、便秘にも効果的である。

投稿者 chokirei : 17:27 | コメント (0)

ファスティング

ファスティングは、一般的な断食と違い、半日~3日間通常の食事を止めて、その代わりにビタミンやミネラルを豊富に含んだ発酵野菜ジュースで、必須栄養素を補うという一種のダイエット。腸にたまっていた便(宿便)が大量に出ると言われています。よって、これまで貯めてきた毒素や老廃物、コレステロールが一気に体外へ排出されるのので、便秘の改善に良いと言われています。

投稿者 chokirei : 17:28 | コメント (0)

テオフィリン

テオフィリンとは気管支を広げて喘息などによる咳を和らげる薬です。しかし、副作用に便秘・下痢などがあります。コーヒーの中にも含まれていますが、この場合はとても微量なため逆に、老廃物などの排泄をスムーズにする効果もあります。

投稿者 chokirei : 17:29 | コメント (0)

胆管

胆管とは、肝臓で作られた胆汁が通るための管のことを言います。排泄物は胆汁とともに胆管を通り、便となり排泄されますが、便秘のときに腸の中の最近のバランスが悪いと有毒物質が大量に発生してしまいます。

投稿者 chokirei : 17:30 | コメント (0)

腸周辺の神経叢

腸周辺の神経叢について、神経叢とは生命を維持するのに必要な活力の貯蔵所で急所と言われるところです。刺激性の下剤を飲むと腸周辺の神経叢に直接作用して、大腸のぜん動運動を促進させます。

投稿者 chokirei : 17:31 | コメント (0)

鳥肌

鳥肌とは、寒さや恐怖などから無意識に起きる体の反応です。
便秘が原因で、冷え性の人は、夏でも鳥肌がたちやすいと言われています。

投稿者 chokirei : 17:31 | コメント (0)

マグネシウム

マグネシウムとは、アーモンドをはじめとする種実類や魚介類・海藻類など、多様な食品に含まれている物質で骨などの発育や形成のためにカルシウムとともに必要とされるミネラル成分です。このマグネシウムは便秘薬として市販されていて効果が高く副作用がないので女性に人気です。腸内に長時間とどまり、水分を集めてくれるので排便を促してくれます。

投稿者 chokirei : 17:32 | コメント (0)

洗浄ウォーター

洗浄ウォーターについて、欧米で人気な便秘の解消法のひとつに、腸内洗浄があります。
これは、肛門から洗浄水を入れて腸の中にたまった宿便や老廃物などの
有害物質を洗い流すというものです。

投稿者 chokirei : 17:33 | コメント (0)

塩類下剤

塩類下剤とは腸では吸収されにくい塩類、硫酸マグネシウムなどがあげられますが、硫酸マグネシウムは呑むと浸透圧によって水分が吸引されて腸の中の便が水分を多く含み排便が促されます。

投稿者 chokirei : 17:34 | コメント (0)

緩下剤

緩下剤とは作用が緩やかな下剤で、薬を使用することにより自然の便通をつけ、便秘解消に用いるものです。薬を用いて排便反射を起こすことが習慣にならないように短期間の投与を行い、食事や運動などで便秘を防ぐ必要があります。

投稿者 chokirei : 17:37 | コメント (0)

プルゼニド

プルゼニドとは、便秘を解消する薬の一種で、代表的な「大腸刺激性下剤」です。大腸を刺激し腸の運動を活発にして排便をうながし、便秘を解消します。効果は8~10時間後から徐々に始まり、腸の運動が低下している「弛緩性便秘」に向きます。センナという薬用植物に由来します。この系統は強力ですが、長く飲み続けると効き目が悪くなるのが欠点です。

投稿者 chokirei : 17:38 | コメント (0)

ラキソベロン

ラキソベロンとは、便秘を解消する薬の一種で、代表的な「大腸刺激性下剤」です。効果は7~12時間から徐々に始まります。耐性を生じることが少ない刺激性下剤です。錠剤のほか液体やドライシロップもあるので、子供や高齢の人など広く使われています。妊娠中の便秘にも向きます。また事前に腸内をきれいにする目的で検査も使います。

投稿者 chokirei : 17:39 | コメント (0)

ブレーベ菌

ブレーベ菌とは、便秘薬によく使用されるものの一つで、生きたまま腸内に達するビフィズス菌で、腸内でもっとも多く検出される菌のひとつです。ビフィズス菌(ブレーベ菌)と乳酸菌(カゼイ菌)をあわせて摂取することにより、一種類で摂取するより、便秘に効果があります。主に整腸作用で、腸内で広範囲に効果があります。

投稿者 chokirei : 17:39 | コメント (0)

ロンガム菌

ロンガム菌とは、便秘薬によく使用されるものの一つで、ブレーベ菌と同じくビフィズス菌の一種です。
成人の腸内にもともと住みついている有用菌で、腸内環境を整えるのに最も優れた菌です。
ロンガム菌と乳酸菌をあわせて摂取することにより、一種類で摂取するより、便秘に効果があります。

投稿者 chokirei : 17:40 | コメント (0)

甘草エキス末

甘草エキス末は、便秘薬によく使用される成分の一つです。甘草とは、漢方を代表とする生薬で、血行増進作用のある薬用植物です。まめ科の植物で動悸、消炎、解毒、鎮痙、止咳、甘味料、薬効を高めるなどの効能・効果があると言われてます。甘草を抽出したものを甘草エキス末と言い、便秘薬の服用後に起こりがちな腹痛をおさえます。

投稿者 chokirei : 17:41 | コメント (0)

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)とは便秘の薬の名前で、腸の運動を活発にして便通をつける効果があります。大黄と甘草の2種類から構成され、大黄は中国原産の薬用植物で、アントラキノン系の大腸刺激性の下剤成分を含んでいます。もう一つの甘草には緩和作用があり、便秘にともなう腹痛や排便時の痛みをやわらげます。体質にはそれほどこだわらずに用いることができる便秘薬です。

投稿者 chokirei : 17:42 | コメント (0)

ダイオウ(大黄)

ダイオウ(大黄)はタデ科。便秘薬によく使われます。大黄は下剤として有名ですが、漢方では大黄には消炎、瀉下、精神安定、血流を良くする効果があると考えられています。主に大黄と甘草を一緒に配合して便秘薬として使用してるものが多いです。

投稿者 chokirei : 17:43 | コメント (0)

カンゾウ(甘草)

カンゾウ(甘草)は、中国原産のまめ科の植物で、便秘薬によく使われます。
甘草は体の抵抗力を高めるという効果があり、腹痛、歯痛など急激に現れる痛みを和らげます。
肝機能の改善と解毒作用を促進します。
主に、大黄と甘草を一緒に配合して便秘薬として使用しているものが多いです。

投稿者 chokirei : 17:44 | コメント (0)

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)とは、便秘がちで皮下脂肪の多い方の肥満と、便秘を改善する薬です。肥満対策の漢方薬のとして有名なお薬です。体力のある方にオススメです。便通をよくするもの、無駄な水分を取り去さったり、血流をよくする生薬などがいろいろと配合され、これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮するからです。

投稿者 chokirei : 17:44 | コメント (0)

粉末タイプのビール酵母

粉末タイプのビール酵母は色々な料理に加えたりヨーグルトに混ぜたりするだけで栄養を補えるものです。このビール酵母には沢山の栄養素、タンパク質、ビタミン、ミネラル等が含まれており栄養の宝庫と呼ばれています。その中でも食物繊維は腸内の運動を活発にして便秘に良いとされています。ダイエットにも効果があることが確認されています。

投稿者 chokirei : 17:45 | コメント (0)

錠剤タイプのビール酵母

錠剤タイプのビール酵母について、粉末タイプでは飲みづらいという方におすすめするビール酵母です。食事が偏る、不規則であるという方、栄養バランスに気を付けたい方の栄養補給に最適です。ビール酵母の中にはグルカン、マンナンなども含め覆多くの食物繊維が含まれていて、その食物繊維が腸内の活動を活発にするため便秘にいいとされています。

投稿者 chokirei : 17:46 | コメント (0)

細胞壁タイプのビール酵母

細胞壁タイプのビール酵母は主に食品のコーティングに使われています。このビール酵母細胞壁は略してBYC〔Brewer’s Yeast Cell wall〕といわれています。これを含んだものを食べると腸内の善玉菌が増えて悪玉菌が減少して便秘に効果があることも分かっています。BYCは腸内を通る便の水分を調節して便をやわらかくする作用があります。

投稿者 chokirei : 17:47 | コメント (0)

コロンハイドロセラピー

コロンハイドロセラピーとは化学物質、薬剤を使わずに、殺菌した温水を使用して直腸から盲腸まで大腸全体の腸内洗浄を行うものです。腸の壁についている宿便を取ることによって、腸の中をきれいにして便を出やすくします。便秘を根本的に治すのに効果的な方法で、この腸内洗浄を行うことによって腸内の善玉菌を増やすことが出来、結果便秘の改善につながります。

投稿者 chokirei : 17:48 | コメント (0)

腸内洗浄費用

腸内洗浄費用について、一般的に病院などの機関で腸内洗浄(コロンハイドロセラピー)をやってもらう際の費用は1万円前後となっています。2回目以降は安くなる病院や機関もあるようです。その他にも自分でも出来る腸内洗浄キットなどは2000円前後から8000円前後まで広く販売されています。

投稿者 chokirei : 17:49 | コメント (0)

自宅腸洗浄

自宅腸洗浄について、自宅で腸内洗浄をする方法はサプリメントを飲む、専用の器具を使うなどの方法があります。まず前者ですが多くの人が使っているのがコーヒー腸洗浄です。コーヒー腸洗浄の歴史は80年以上もあり、権威のあるゲルソンクリニックでも続けられています。その他にもピコシャワーというものもあります。これは腸内にお湯を流す方法で家でも手軽に使えます。

投稿者 chokirei : 17:50 | コメント (0)

コーヒー洗浄

コーヒー洗浄で注目すべき点はコーヒー中の成分のパルミチン酸です。コーヒーを直接大腸に注入することで、パルミチン酸の働きで解毒酵素GST(グルタチオンSトランスフェラーゼ)の生産量が大量に増え、更に増えたGSTは小腸に達すると七倍にも増えます。GSTは活性酸素などのフリーラジカルとくっついて腸内洗浄されやすい形に変化して発ガン物質を解毒することに非常に効果的です。

投稿者 chokirei : 17:51 | コメント (0)

カフェイン

カフェインには腸の筋肉の動きを鈍くしてしまう副作用があり、習慣になると腸の筋肉が便を先に送るための力が弱くなり 弛緩性便秘になり易くなると言われています。
しかしながら適度のカフェインは肝臓の管を広げて毒素や老廃物の排出を助けます。
カフェインはコーヒーや紅茶、緑茶に多く含まれています。

投稿者 chokirei : 17:52 | コメント (0)

習慣性

習慣性について、生活習慣が原因で起こる便秘を習慣性便秘といいます。高齢者や女性に多いのですが、腹筋や腸の働きが衰えて、便を上手くだすことができない「弛緩性便秘」便意を我慢することで起こる下剤の常用が原因で直腸の神経が鈍くなって便意を感じなくなることで起こる「直腸性便秘」ストレスなどが自律神経に影響を及ぼして、腸の働きが過激になり、腸がけいれんしたり、部分的に細かくなるために起こる「けいれん性便秘」があげられます。

投稿者 chokirei : 17:58 | コメント (0)

器質性

器質性について、代表的なものは、大腸ガンや大腸ポリープ。物理的な原因を意味し、便の流れる通路である消化管(胃、小腸、大腸、肛門)に物理的な障害(便を通過させない)があることをさします。腸の腫瘍や炎症、閉塞などにより腸の通りが悪くなるためにおこるもので嘔気、腹痛、下血などの症状をがあげられます。

投稿者 chokirei : 17:59 | コメント (0)

大腸ガン

大腸ガンについて、便秘になると、腸の中の細菌の集団が正常な動きをしなくなり、発がん物質が発生し、便秘のため腸壁を刺激しつづけて、大腸がんが発生する。大腸がんにならないためには、便秘にならないのが一番の早道で、食物繊維を多くとること。食物繊維は、発がん物質を吸収して体の外へ運び出してくれます。

投稿者 chokirei : 18:00 | コメント (0)

月経

月経までは黄体ホルモンが大きな役割を果たしています。このうち黄体ホルモンには大腸の蠕動運動を抑制する作用があります。黄体ホルモンは、妊娠したときに、流産しないように子宮筋の収縮を抑制するはたらきもあるため、それが腸を動かす筋肉にも影響を及ぼすと、腸の動きが鈍って、いっそう便が出にくい状態になってしまいます。

投稿者 chokirei : 18:00 | コメント (0)

黄体ホルモン

黄体ホルモンが、からだに水分や塩分をためこむように指示を出すと、大腸の腸壁から便の水分が吸収されるため、便が硬くなって出にくくなるのです。また、宮筋の収縮を抑制するはたらきもあるため、腸の動きが鈍って、いっそう便が出にくい状態になってしまいます。女性は、女性特有のホルモンのはたらきのために、便秘になりやすいのです。

投稿者 chokirei : 18:01 | コメント (0)

妊娠

妊娠による黄体ホルモンの分泌が、筋肉を弛緩させ腸の働きを鈍らせます。また大きくなった子宮による腸の圧迫が、大腸の動きを鈍らせたりすることから、妊婦さんは便秘になりやすくなります。また、おなかの赤ちゃんが気になって、トイレに入ってもなかなかいきめないことも原因です。

投稿者 chokirei : 18:02 | コメント (0)

けいれん性

けいれん性について、ウサギのような、コロコロと固い便になるのはケイレン性便秘といいます。
ストレスなどが自律神経に影響を及ぼして、腸の働きが過激になり、腸がけいれんしたり、
部分的に細かくなるために起こります。大腸の緊張が強すぎると起こってしまいます。

投稿者 chokirei : 18:02 | コメント (0)

胃について

胃について、食べ物が胃の中に入ってきて、胃が膨らむと、胃から大腸に信号が送られます。すると大腸が反射的に収縮し、便を直腸に送り出そうとします。つまり、食事を摂ることが便意を起こすきっかけとなります。過度のダイエットや運動不足が原因により胃下垂、胃アトニー、など胃の筋肉が弛緩することにより食べ物を腸へ送り出す蠕動運動(ぜんどううんどう)が弱くなり、便秘になってしまう原因になります。

投稿者 chokirei : 18:03 | コメント (0)

十二指腸

十二指腸について、胃の中で、ある程度消化された食べ物は、十二指腸で本格的に消化されます。胃や、十二指腸などの消化器管は、自律神経にコントロールされていて、ストレスの影響を受けやすいです。ストレスをためたままにすると、胃壁の防御のバランスが崩れ消化腫瘍を起こしてしまい、便秘の原因になります。

投稿者 chokirei : 18:04 | コメント (0)

小腸

小腸では、食べ物に含まれる栄養素のほとんどを消化・吸収しています。
小腸内に住む善玉菌は、免疫システムにとって重要なメンテナンスを担っています。
腸に善玉菌を保つことは、腸の働きを良好に保つことにもつながるので、
便秘の解消にもつながります。

投稿者 chokirei : 18:05 | コメント (0)

大腸

大腸について、十二指腸で消化された食物は、小腸で栄養素の大部分と水分の80%を吸収されて、大腸に送られていきます。大腸の内容物が直腸にたまると、便意を感じ排便します。不規則な生活習慣からくるストレスが大腸に影響を与える便秘や、いままで便秘気味ではなかった人が便秘になったり、便秘の程度が急にひどくなったりした場合は、大腸の病気(大腸ポリープ、大腸がん、大腸癒着など)を疑ってみる必要もあります。

投稿者 chokirei : 18:05 | コメント (0)

排便

排便について、口から入った食べ物は、胃→小腸→大腸と通過して直腸に到達。この時、便意をもよおし、肛門から外へ排出されます。便意を我慢したり、不規則な食生活を続けると、便意を起こす感度が鈍くなり、便秘を起こしやすくなります。また、食物繊維が不足したり、ダイエットで減食したりすると、便も固く、少なくなって、スムーズに排便できなくなります。

投稿者 chokirei : 18:06 | コメント (0)

ビフィズス菌

ビフィズス菌とは、善玉菌の代表で、オリゴ糖や乳糖を分解して乳酸を生産する乳酸菌の一種です。
腸内の腐敗を抑える、腸の運動を活発にする、免疫力を高めるなどの働きがあり、
下痢、便秘、食中毒、胃腸障害、感染症、抗生物質による副作用などを予防、改善するとされています。
オリゴ糖を一緒に摂取することが効率が良いとされています。

投稿者 chokirei : 18:07 | コメント (0)

善玉菌

善玉菌について、乳酸菌などの腸内細菌は、腸内で乳酸や酢酸を生成し腸内を酸性に保ちます。
この酸の刺激は腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にする効果があり、排便がスムースになりきれいな腸を保つことを助けると言われています。したがって、腸内の善玉菌が増えると、口から入った食べ物を、腸の中で便として送り出す運動が活発になるので、腸内の善玉菌を増やすことが便秘を解消するためのポイントのひとつとなります。

投稿者 chokirei : 18:07 | コメント (0)

腸内細菌

腸内細菌について、人の身体には、目に見えない細菌が数多く棲んでいます。この細菌は「常在菌」と呼ばれ、人間と共存関係にあり、なくてはならない存在なのです。なぜなら常在菌は、病原菌などの有害菌を簡単に体内へ入り込ませない働きがあります。種類は100以上、総数は100兆個。重さは1kgと言われています。腸の蠕動運動を促す善玉菌が増えることが便秘には有効なのです。

投稿者 chokirei : 18:08 | コメント (0)

ウェルシュ菌

ウェルシュ菌は、私たちが取り入れた栄養素を腐敗物質に作りかえてしまいます。これらの物質は、大便やおならの悪臭の元凶で、ウェルシュ菌によって蛋白質が分解されてできた産物です。便秘で便が出なくなると、ウェルシュ菌は増殖し、腐敗物質を増産する結果、腸内には毒素が蔓延して、過敏性腸症候群を起こしたり、発ガン物質を作るといわれています。

投稿者 chokirei : 18:09 | コメント (0)

酵素

酵素について、便秘を解消する方法として酵素を使う方法があります。薬を飲めない方や薬に頼りたくない方のはこの方法をとるといいでしょう。私たちの腸内にはたくさんの腸内細菌が住んでいます。その中で善玉菌は食物繊維を消化する酵素をもっています。腸内の善玉菌を活性化させ悪玉菌の繁殖を抑えると腸内環境がどんどん良くなっていき、便秘が解消されおなかがスッキリし体質改善に役立ちます。

投稿者 chokirei : 18:10 | コメント (0)

ビサコジル

ビサコジルとは、便秘の薬。大腸を刺激して大腸の動きを刺激、排便を促します。大腸で薬が効くようになっています。頑固な便秘や消化管の検査、手術の時に腸の内容物を出さなければいけない時に使用します。副作用で、吐き気、嘔吐、腹痛、発疹、肛門痛がおこることがあります。妊婦の使用は流産や早産を誘発する恐れがあります。便秘の薬は、効くのに内服後6-8時間必要といわれています。朝に排便を期待したい時には、寝る前に服用するとよいことが知られています。

投稿者 chokirei : 18:13 | コメント (0)

センナ

センナは、便秘解消に効果のある薬草。古くから下剤として使われており、紀元前のエジプトの医学書にはヒマシ、アロエとともに下剤として記載されています。クレオパトラはアロエを愛用していたといわれています。効能は、便秘の改善とそれに伴う頭重、のぼせ、肌荒れ、痔の改善など。センナの使用部位には「果実」「小葉」「葉柄」「葉軸」「茎」があり、茎は健康食品として利用されています。代表的な産地は、インドやアフリカ東岸です。

投稿者 chokirei : 18:14 | コメント (0)

センノサイドカルシウム

センノサイドカルシウムとは、センノサイドの仲間で便秘治療薬に使われる。ビサコジルとあわせて薬として使われている、スルーラックSの効能・効果を取り上げると便秘または頭重、のぼせ、食欲不振(食欲減退)、肌荒れ、吹き出物、腹部膨満、腸内異常発酵、痔など便秘を伴う症状の緩和。比較的便秘が続いたときに使用します。

投稿者 chokirei : 18:15 | コメント (0)

ピコスルファートナトリウム

ピコスルファートナトリウムとは、便秘のお薬で検査で用いることもあります。大腸を刺激し腸の運動を活発にして排便をうながします。効果の発現は7~12時間後です。腸の運動が低下している「弛緩性便秘」に向きます。代表的な「大腸刺激性下剤」で、刺激性下剤としては、耐性を生じることが少ないです。錠剤のほか、液体やドライシロップもあるので、子供や高齢の人を含め各科で広く使われています。腸の手術や大腸検査にそなえ、事前に腸内をきれいにする目的でも使うほか、 妊娠中の便秘にも向くと言われています。

投稿者 chokirei : 18:15 | コメント (0)

腸内異常発酵

腸内異常発酵は、便秘によって腸内環境のバランスが崩れると悪玉菌が増え腸内で便が異常発酵してしまいます。腸内細菌によって、発酵するとガスがでるのは自然ですが、便秘の時に異常発酵してしまうと、臭いおなら・便の原因になります。

投稿者 chokirei : 18:17 | コメント (0)

ともなう痔

ともなう痔について、便秘による切れ痔やいぼ痔をはじめとする痔になりやすいのはよく知られた話ですが、予防するためには、軽い運動を心がけることや水分を摂ることなどして便秘を予防することやまた、排便時にはいきまず長時間かけること・定期的な時間に排便を心がけることが大事です。

投稿者 chokirei : 18:18 | コメント (0)

下痢

下痢について、便秘にはさまざまな原因と種類がありますが下痢と便秘を繰り返すような症状は過敏性大腸炎(過敏性腸炎)の可能性があります。最近増加傾向にあるようですが高齢者には少なく、また、男女比で言うと女性に多いようです。精神的なストレスから、自律神経が乱れてしまうことが原因だと言われています。

投稿者 chokirei : 18:20 | コメント (0)

ビフィズス菌

ビフィズス菌について、腸内洗浄の後は、ビフィズス菌を摂取することをお勧めします。腸内洗浄は大腸内のビフィズス菌が激減してしまうからです。腸内細菌のバランスを保つために一回の腸内洗浄に対し、3日間は飲みつづけると良いと言われています。もちろんヨーグルトでもかまいませんが、やはり一番いいのは医薬品のビフィズス菌です。摂取量は通常の摂取量で良いといわれています。

投稿者 chokirei : 18:24 | コメント (0)

腸溶錠

腸溶剤とは、強力な胃酸に溶けないで腸の中まで届き分解作用するのに特殊な加工がされているものです。便秘薬の多くはこの加工がなされています。また、腸溶剤を摂取することで、大腸菌が原因となっている、便の悪臭が消えると言われています。

投稿者 chokirei : 18:25 | コメント (0)

ジオクチルソジウムスルホサクシネート

ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)は、便秘の薬に含まれている成分のことです。
DSSには界面活性作用があります。便に浸透して、表面張力を低下させるため、便秘が解消されます。
またDSSは耳あかをやわらかくする薬にも使われています。

投稿者 chokirei : 18:26 | コメント (0)

刺激性下剤

刺激性下剤には、センナ、カスカラなどの成分が含まれています。
これは刺激成分であり、大腸壁を直接的に刺激して収縮をさせます。
このことによって便が移動し、便秘が解消されます。
刺激性下剤を長期的に使用すると下剤に依存してしまいがちになるので注意が必要です。

投稿者 chokirei : 18:27 | コメント (0)

パントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムについて、腸内洗浄をし便秘や宿便を解消することはダイエットの助けにもなると言われています。腸のバランスを整えることによって体内のバランスが保たれ、やせやすい身体を作ります。パントテン酸カルシウムは腸内洗浄に使う液体の成分のひとつで、担子菌類複合食物繊維や、デキストリン、乳糖、コタラヒム油脂物、などが成分として上げられます。

投稿者 chokirei : 18:28 | コメント (0)

センノシド

センノシドは、便秘を解消してくれる薬です。便通をよくします。大腸に刺激を与え、腸の働きを活発化させます。効果が出てくるのは服用後8から10時間後と言われています。そのため、寝る前に服用し、翌朝の効果に期待するのが良いでしょう。刺激性下剤です。便秘は薬に依存しないように注意が必要です。

投稿者 chokirei : 18:28 | コメント (0)

水酸化マグネシウム

水酸化マグネシウムとは制酸剤です。制酸剤とは、胃酸の分泌や酸性度を抑制することによって
胃や十二指腸の粘膜障害を減少させる薬です。水酸化マグネシウムの副作用として下痢や便秘を引き起こす可能性があります。便秘のときは使い方に注意が必要です。

投稿者 chokirei : 18:30 | コメント (0)

酸化マグネシウム

酸化マグネシウムとは便秘を解消する薬です。また、胃酸を中和する働きもあります。
通称「カマ」や「カマグ」と呼ばれています。刺激性下剤と違い長期服用しても便秘の解消の効き目が
落ちないことが特徴です。通常よりも多めの水で飲むと良いと言われています。

投稿者 chokirei : 18:31 | コメント (0)

ラクトミン

ラクトミンとは腸の調子を整える薬です。下痢や便秘を解消します。ラクトミンは乳酸菌の仲間です。下痢に使われることが多いですが、便秘にも使えます。強力な効能はないですが、どんな症状にも安心して使うことができます。赤ちゃんや妊婦、子どもにも安心して服用できます。

投稿者 chokirei : 18:32 | コメント (0)

乳酸菌

乳酸菌について、腸内洗浄の液の中には乳酸菌生成エキスが含まれています。腸内洗浄によって腸内に入った乳酸菌はラクトースとオリゴ糖をエサにし、どんどん増えていきます。腸内の酸性になり悪玉菌の繁殖が抑えられます。乳酸菌が増殖することによって、乳酸菌が腸管を刺激します。そのため腸のぜん運動が活発になり、便通が促されます。

投稿者 chokirei : 18:32 | コメント (0)

2005年09月15日

インドール

インドールについて、たんぱく質を多量に摂取したときに、たんぱく質が腸の中にあると大腸菌などの腐敗した菌、すなわち悪玉菌が好んで繁殖し、インドールをはじめとする悪臭ガスを発生させてしまいます。腸内洗浄などで、腸の中をきれいにすることで善玉菌を多くすることで悪玉菌は減り、インドールなどの毒素は解消されます。

投稿者 chokirei : 14:04 | コメント (0)

スカトール

スカトールについて、おならの悪臭の原因となる成分の1つにスカトールがあります。このスカトールは便の臭いを代表する臭いの要素です。たんぱく質を材料にして、腸の中で繁殖します。肉類など、消化しにくいものなどは、便秘のときに大腸に長くとどまることで便が腐敗しでしまい、量が少なくても、悪臭がしてしまいます。腸内洗浄などで、腸の中をきれいにして悪玉菌を減少させることがスカトールの繁殖を防げます。また、たんぱく質の摂りすぎも良くないでしょう。

投稿者 chokirei : 14:05 | コメント (0)

腸が下がると

腸が下がるということについて、骨盤のゆがみなどが原因で、腸が下がり便秘になりやすいといわれています。ストレッチや簡単な体操で、骨盤のゆがみを治すことが大事です。

投稿者 chokirei : 14:05 | コメント (0)

足のむくみ

足のむくみの原因は、静脈で回収しきれなかった水分や老廃物がリンパで回収されますが、このリンパの働きが悪いと、余分な水分が足の細胞の間にたまってしまい、むくみにつながります。便秘が原因でリンパの働きを悪くしてしまうので、マッサージやつぼ押しなどをして血流・リンパの流れをよくすることが、むくみを解消することにつながります。

投稿者 chokirei : 14:06 | コメント (0)

冷え性

冷え性の原因は運動不足や過度の冷房、精神的なストレス、喫煙などさまざまです。便秘によって、新陳代謝が悪くなると、血流の流れも悪くなり、冷え性になりやすいと言われています。便秘を解消することで、冷え性も改善されます。

投稿者 chokirei : 14:07 | コメント (0)

腸内ガス

腸内ガスとは野菜や穀物などを食べたときに小腸で消化吸収さないまま大腸で分解されたときに発生したりします。飲酒や下剤の常用、また、糖尿病の薬など、消化を遅らせる薬の服用でもガスの量を増やします。少量の腸内ガスの発生は腸粘膜を刺激して、便秘の予防や改善につながります。

投稿者 chokirei : 14:07 | コメント (0)

マグネシウムのお薬

マグネシウムは体の中の酵素の働きには欠かせない酵素補助因子の役割を担って大腸の中の水分調整を助けてくれ、排便を促す働きがあります。マグネシウム便秘薬は腸を刺激しないのでおなかの痛みがありません。

投稿者 chokirei : 14:08 | コメント (0)

浸透圧

浸透圧性の下剤は腸管から吸収されにくく、腸管からの水分を吸収・保留し腸内の便をやわらかくして、大腸のぜん動運動を促す働きをしてくれます。大量の水とともに服用すると効果的と言われています。
しかし痙攣性の便秘には良くないと言われています。

投稿者 chokirei : 14:08 | コメント (0)

常習性

常習性について、慢性の便秘で一番多いのが常習性便秘と言われています。常習性の便秘は大腸のぜん動運動が弱いのが原因で起こる便秘で、常習性の便秘を改善するには食生活の改善が重要です。規則正しい生活をし、食事を3食摂り水分や野菜などの食物繊維を積極的に取り入れることが大事です。

投稿者 chokirei : 14:09 | コメント (0)

硫酸マグネシウム

硫酸マグネシウムとは、中枢抑制作用を有し、抗痙攣薬として用いられて速効性の塩類下剤としても使用されることがあります。腸内に水分を引き寄せてくれ、便をやわらかくして排便をスムーズにしてくれます。

投稿者 chokirei : 14:10 | コメント (0)

センナ

センナとは、マメ科の植物で腸の中の解毒・排泄作用を促し大腸のぜん動運動を活性化させるといわれているハーブの一種です。センナの効能には便秘の解消や肌荒れ、痔の改善があるといわれています。注意点としては下剤としての効果だけではなく、子宮の収縮も起きてしまうので妊娠中の方は避けたほうが良いといわれています。

投稿者 chokirei : 14:11 | コメント (0)

大黄(だいおう)

大黄(だいおう)とは漢方の一種で、別名「将軍」とも称されています。大黄の薬効は、停滞している毒を排出し、解毒作用があります。便秘以外の症状が見られない常習性の便秘の場合に広く用いられる漢方です。

投稿者 chokirei : 14:12 | コメント (0)

漢方成分

漢方の成分はさまざまあります。症状や用途によってもさまざまなので漢方専門のお店などで、自分にあった漢方を選んでもらうことをお勧めします。便秘に良いとされる漢方成分はセンナやプランタゴ・オオバコ種子が効くといわれています。

投稿者 chokirei : 14:13 | コメント (0)

腸を刺激する下剤

腸を刺激する下剤の常用には注意が必要です。腸を刺激する下剤を長い間使っていると、自然に起きる便意が失われてしまうことがあるといわれています。腸を刺激する下剤の1つにセンナがあげられます。
医師に相談し、食材や運動、生活習慣の見直しなどで改善を試みましょう。

投稿者 chokirei : 14:13 | コメント (0)

ヘビの皮

ヘビの皮について、便秘薬はその働きや粘膜に対する毒性などさまざまな副作用があります。「アントラシン」という化学物質により腸の中の粘膜を黒くさせてしまうことが知られています。この化学物質によって腸の中がヘビの皮のように黒くなります。ほとんどの便秘薬や下剤は腸の動きを促進したり、痙攣させるものが多く長期間の常用はよくないと言われています。

投稿者 chokirei : 14:14 | コメント (0)

刺激性のお薬

刺激性の便秘薬とは腸に刺激を与え、大腸のぜん動運動を活発にする薬です。弛緩性便秘には有効的といえますが、けいれん性の便秘の場合は刺激を与えると逆効果になることが多いようです。

投稿者 chokirei : 14:15 | コメント (0)

メラニン

メラニンとは、皮膚が紫外線を浴びると生成されます。紫外線を吸収散乱して、強い紫外線からの皮膚の炎症を抑えたり正常な細胞を守ってくれます。便秘が原因にもなっているにきびも、炎症を起してしまったものをほうっておくと、にきびそのものは治ってもメラニン色素が沈着してしみになってしまいます。

投稿者 chokirei : 14:16 | コメント (0)

色素沈着

色素沈着について、便秘の解消のための薬であるアントラキノン系の薬は、長い間服用を続けると、習慣性、依存性が生じると言われています。また、メラニン色素沈着も起こすといわれています。便秘になりやすい妊婦への服用は、早産の恐れがあるので原則禁止です。

投稿者 chokirei : 14:16 | コメント (0)

ポリープ

ポリープについて、便秘がひどくなると、大腸の病気(ポリープまたは癌)を疑う必要が出てきます。一般的には大腸がんは若者人は少ないです。しかし、便秘がひどいときは注意が必要です。便秘の他に、朝食をとっているか?運動をしているか?野菜を食べているか?糖尿病、甲状腺の病気に注意。気分がひどく落ち込んでいないか?血圧の薬、精神の薬を飲んでいないか?糖尿病、甲状腺の病気の可能性は?子どもの頃から高度の便秘か?などのチェック項目があります。

投稿者 chokirei : 14:17 | コメント (0)

腫瘍

腫瘍による圧迫などで起きる、症候性便秘の原因となるおもな病気は、子宮筋腫などの、腸の周囲の臓器の腫瘍などによる圧迫があります。女性は大変便秘になりやすいです。少しでも症状があるのであれば専門医にみもらうことをお勧めします。

投稿者 chokirei : 14:18 | コメント (0)

軽い運動

軽い運動が便秘には一番です。便秘の原因は、精神的な不安定、野菜不足、睡眠不足、そして運動不足があげられるからです。時間が無いかたは、朝15分早く家を出て、一駅分歩いてみるのもいいと思います。軽い運動と、気分転換をし、リラックスをしてください。

投稿者 chokirei : 14:19 | コメント (0)

ストレッチ

ストレッチについて、便秘を解消してくれる、布団で出来る簡単なストレッチがあります。おなかの周りの筋肉に刺激を与え、腸に働きかけ便秘を解消します。布団の上に仰向けになり、膝を90度に立てます。膝の間に枕を挟みます。腕はひじを伸ばし、手のひらを床につけてささえます。気を吐きながら膝の角度を保って膝を胸に近づけます。息を吸いながら両足を下ろします。

投稿者 chokirei : 14:19 | コメント (0)

赤ちゃんの場合

赤ちゃんの場合、便秘はよくあることで、四日くらいなら出なくても問題はありませんが、1週間近く出なかったり、様子がおかしいと感じた時は、診察をしてください。お母さんができる便秘解消法としては、指や綿棒で肛門を刺激してあげたり、赤ちゃんのお腹を「の」の字を書く様に、マッサージしてあげることです。腸の働きが活発になり、排便を促す事ができます。

投稿者 chokirei : 14:21 | コメント (0)

新生児の場合

新生児の場合、母乳を与えると余分なものが含まれていないため、ほとんどが吸収され、四日くらい便が出ない事もあります。しかし四日以上便が出ない時、ミルクをあまり飲まなくなった時、お腹が張って苦しそうな時は便秘です。対処法は、綿棒を肛門に入れて刺激し、排便を促しますが、それでも出ない場合などは、浣腸をすることもあります。一般的に新生児の場合、生理的な要因が多く、成長すると共に便秘は治るといわれています。

投稿者 chokirei : 14:22 | コメント (0)

乳児の場合

乳児の場合、今までの哺乳から離乳食に食事が切り替えられ、だんだん便も硬くなってきます。乳児便秘の場合は、大人の便秘の対処法とほぼ同じでまず水分を多めに摂らせて、食物繊維の多い野菜や果物を与えてあげます。その他に便秘薬としては、マルツエキスという薬があり、大さじ一杯程度を飲ませるのが良いと言われています。

投稿者 chokirei : 14:23 | コメント (0)

乳幼児の場合

乳幼児の場合、生後十ヶ月頃になると、一日三回食事を離乳食により摂らせるようになり、少食になったりなかなか食事を摂らせるのも難しくなります。 この頃の便秘は、原因的疾患でない場合、ほとんどが食事性ですので、繊維質をしっかり摂らせたり、発酵性のある糖質を与えるように心がけなくてはなりません。それでも出ない場合は、綿棒などで肛門を刺激する方法や浣腸などがあります。

投稿者 chokirei : 14:24 | コメント (0)

離乳食によるもの

離乳食による便秘について、おっぱいを与えていた時はよくウンチが出ていたのに離乳食を与えるようになってから便秘がちになることもよくあります。離乳食の基本は穀類・豆類・いも類です。暖かい季節などでも冷たいものはあまり与えないようにし、体を温め、食物繊維の多く含むものを、その子のペースで与えてあげましょう。なお母乳であれば、離乳食を食べた後でも赤ちゃんが欲しがるようなら与えてあげると水分補給にもなり便秘解消にもつながります。

投稿者 chokirei : 14:25 | コメント (0)

子供の場合

子供の場合の便秘も大人同様で、毎日排便がなくて、三日に一度くらいでも痛みを伴うことなく自然に出るようであれば、便秘とはいえず、逆に毎日排便があっても硬い場合や排便時痛みが伴うようであれば、便秘といえます。原因としては、食物繊維の不足や水分の不足、また運動不足などもあげられます。特に水分については、ドライブ中などトイレが不便な時など、おしっこが頻繁に出ないように水分を控えさせる事がありますが、積極的に摂らせることで便秘解消につながります。

投稿者 chokirei : 14:26 | コメント (0)

幼児の場合

幼児の場合は、まだまだ自律神経系がよく発達していないところもあり、規則正しい排便は、なかなかできないこともあります。それでもこの頃になると、運動量も格段に増え、食べる量もそれに伴って増えると便秘も自然に解消されていきます。食事は穀類など、温野菜を多く摂らせるとよいでしょう。また食事だけでなく、トイレのよい習慣をつくることで便秘解消につながります。

投稿者 chokirei : 14:28 | コメント (0)

小児の場合

小児の場合、幼児期以降の便秘になると、乳幼児以上に多くの要因が出来てきます。偏食やあまりにしつけを厳しくしたことによるストレスなども原因になります。あまり神経質にならず、食事も少しずつ食物繊維を多く含むものを、子供の好きなものと一緒に摂らせてあげるなど工夫が必要になります。また学校など、トイレの環境の変化などにより、トイレを我慢する子も出てきますので、注意が必要です。

投稿者 chokirei : 14:29 | コメント (0)

育児によるもの

育児便秘とは育児をしている母親が便秘になることです。赤ちゃんの世話に追われ、トイレにゆっくり入る時間がなかったり、育児によるストレスや食事の偏食、特に母乳を与えた場合は、水分が不足になりやすく便秘になりやすくなります。赤ちゃんの健康ばかりに気を使ってしまいますが、母親自身の健康にも気をつけなくてはいけません。

投稿者 chokirei : 14:30 | コメント (0)

硬水

硬水とは水中に溶けているカルシウムイオンやマグネシウムイオンが多い水の事です。硬水にはミネラルが含まれており、細胞中の代謝物を体外に排出しやすくする働きを持っている為、便秘解消の効能があると考えられています。

投稿者 chokirei : 14:32 | コメント (0)

にがり

にがりとは、海水から塩を作る過程で、作られる液体です。
にがりにはミネラルやマグネシウムが含まれている為、便秘に効果的と言われています。

投稿者 chokirei : 14:33 | コメント (0)

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンとは水に溶ける性質をもった食物繊維です。
食物繊維は整腸作用があり、便通を良くする為、便秘解消に効果をもたらします。

投稿者 chokirei : 14:33 | コメント (0)

サイリウムドリンク

サイリウムドリンクについて、サイリウムとはオオバコから得られる、天然の食物繊維の事をいいます。サイリウムドリンクはサイリウムが配合された飲料であり、食物繊維豊富で低カロリーであるため摂取する事でダイエットを意識した便秘の解消につながる食品のひとつです。

投稿者 chokirei : 14:34 | コメント (0)

サイリウムヌードル

サイリウムヌードルについて、サイリウムはおなかの調子を整える作用があり、おなかをすっきりさせる効果があります。サイリウムヌードルは、そのサイリウムが練り込んであり、食物繊維が豊富で低カロリーなので、ダイエットを意識した便秘改善に効果的といえる食品です。

投稿者 chokirei : 14:34 | コメント (0)

サイリウムゼリー

サイリウムゼリーについて、サイリウムは食べたときに胃の中の水を吸収して膨らむ性質をもった食物繊維です。サイリウムを配合したサイリウムゼリーは便秘改善に役立つゼリー飲料として用いられています。

投稿者 chokirei : 14:35 | コメント (0)

ポリデキストロース

ポリデキストロースとはトウモロコシを原料として人工的に作られた水に溶ける性質を持つ食物繊維です。便秘解消を目的としたサプリメントや食品などに用いられています。

投稿者 chokirei : 14:36 | コメント (0)

キトサン

キトサンとはカニやエビの殻を主原料にしてつくられる動物性の食物繊維の事です。
その為、摂取する事で便秘改善に効果があると考えられています。

投稿者 chokirei : 14:36 | コメント (0)

玄米サプリメント

玄米サプリメントについて、玄米には便秘解消に効果のある食物繊維が多く含まれています。
食事では十分に補えない食物繊維を玄米サプリメントで補充する事が可能です。

投稿者 chokirei : 14:36 | コメント (0)

硫酸マグネシウム

硫酸マグネシウムが含まれている便秘薬は少なくありません。これは、腸内に水分を貯めてくれる効果があるので、便をやわらかくして排便をスムーズにしてくれます。腸を直接的に刺激しないので腹痛はほとんど無いようです。

投稿者 chokirei : 14:42 | コメント (0)

子供用浣腸

子供用浣腸について、子どもの便秘には浣腸が良いとされています。しかし、浣腸の常用は控えてください。使用する前は医師、または薬剤師に相談の上、使用しましょう。

投稿者 chokirei : 14:43 | コメント (0)

グリセリン

グリセリンとはアルコールの一種で、体内の酵素により砂糖と同じように分解されていきます。浣腸の薬によくグリセリンは使われます。吸水性があるために、腸壁からの粘液と水分を促し、その刺激によって大腸のぜん動運動を促し、グリセリンの粘滑性のため排便がスムーズになります。

投稿者 chokirei : 14:44 | コメント (0)

クエン酸ナトリウム

クエン酸ナトリウムとは、クエン酸の酸味を和らげる作用がある、果実酸です。酸味料や乳化剤、安定剤などの食品添加物として、用いられています。飲むタイプの腸内洗浄の主成分として使われることが多いです。

投稿者 chokirei : 14:45 | コメント (0)

D-ソルビトール液

D-ソルビトール液とはお通じをよくするお薬です。井のレントゲン撮影で、硫酸バリウムといっしょに飲みます。水分を保持して、便をやわらかくしてくれます。

投稿者 chokirei : 14:45 | コメント (0)

水分解離作用

水分解離はかたい便をやわらかくして、排便を促してくれます。
浣腸薬に含まれる、クエン酸ナトリウムが、水分解離作用を引き起こします。

投稿者 chokirei : 14:46 | コメント (0)

プルーン果汁

プルーン果汁が子どもや乳児の便秘にはよいといわれています。プルーンは果物の中でも、食物繊維が多く含まれており、腸の動きを活発にしてくれます。

投稿者 chokirei : 14:46 | コメント (0)

麦芽糖

麦芽糖とは、とうもろこしなどのでんぷんから作られる糖アルコールの一種です。普通の砂糖に比べ、カロリーが少ないので血糖値の急激な上昇を起さないなどの特徴があります。また、ブドウ糖に分解されない麦芽糖は腸で吸収されないので、便秘の解消にも良いとされています。

投稿者 chokirei : 14:47 | コメント (0)

お腹をマッサージ

お腹をマッサージすることについて、子どもの便秘がひどい場合、プルーン果汁を飲ませてあげたりお腹をマッサージしてあげると解消につながります。その際に乳性品を控えるとよいといわれています。

投稿者 chokirei : 14:47 | コメント (0)

綿棒浣腸

綿棒浣腸の方法はおしりのほうに馬油をつけて(なければオリーブオイル)マッサージ、赤ちゃんようの細い綿棒の先にたっぶり馬油をつけてそおーっとゆっくり綿棒の先の綿がついている部分だけを挿入します。入れたまましばらくまって出ないようならゆっくり出したり入れたりします。一度出切った後、もう一度そのままの綿棒で浣腸してみます。お尻をきれいにして馬油を肛門にたっぷりつけてマッサージしましょう。また、すぐに浣腸をせず、3~5日ほどの間隔が良いといわれています。

投稿者 chokirei : 14:48 | コメント (0)

巨大結腸症

巨大結腸症とは、生まれつき直腸の機能に異常があり、正常に排便できない病気とされてきました。そのほとんどは産科に入院している間に発見されますが、ごく軽症の場合は発見が遅れることがあります。便秘に加え、おなかがパンパンに張る、綿棒で肛門を刺激すると爆発的にガスやうんちが出る、といった症状が知られています。幼児期の子供を見てみると、便がたまるため本人もイライラしたり、その気分の低下がさらに便秘を憎悪させるようです。 

投稿者 chokirei : 14:51 | コメント (0)

ヒルシュスプルング病

ヒルシュスプルング病とは、「先天性巨大結腸症」と呼ばれていましたが結腸の肥大は結果であり先天性ではないことがわかりました。肛門に直結している直腸部分が先天的に神経節細胞がないため、その部分のぜん動運動が起きずにいつも同じ、細い状態であるため、結腸に便を貯めてしまい肥大してしまうのです。たいていの場合は新生児期に発現されます

投稿者 chokirei : 14:54 | コメント (0)

柑橘系の果物

柑橘系の果物について、便秘時は、腸の動きが弱くなり、長く腸管の中にうんちがあるので、うんちの中の水分が吸収されすぎてうんちが硬くなってしまいます。オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系の果物は、あまり水分を吸収せず、腸管を刺激してくれる食物繊維をもっているので便秘に有効にはたらきます。また、100%果汁のジュースは繊維質が少ないので果物そのもののほうが効果があります。

投稿者 chokirei : 14:55 | コメント (0)

りんごのすりおろし

りんごのすりおろしは子どもの便秘を緩和させる効果があるといわれています。食物繊維には水溶性と、不溶性のものがありますが、りんごに多く含まれているのが、不溶性の食物繊維です。この不溶性食物繊維は消化されないまま腸内に入って、腸の調子を整える乳酸菌など善玉菌の繁殖を助けてくれます。

投稿者 chokirei : 14:56 | コメント (0)

子供用の薬

子供用の便秘薬は様々なものがありますが、できるだけお薬には頼らずにマッサージや食事療法などで解消するのが良いと言われています。緊急に使う分には良いのですが、常用すると、便秘する回数も増える場合があるといわれ、注意が必要です。

投稿者 chokirei : 14:57 | コメント (0)

2005年09月16日

腸内腐敗物質

腸内腐敗物質について、悪玉菌には病原菌と腐敗菌があり、菌叢が崩れると腸内の善玉菌(主に乳酸菌)が減少し、悪玉菌が増加、「腸内腐敗」が起こり、腐敗菌は腸内でさまざまな腐敗物質を作ります。それを腸内腐敗物質といい、腐敗物質が多いと便秘の原因になります。そこで便秘解消のために、菌叢を元に戻し腸内環境を整え善玉菌を増やす必要があります。乳酸菌やそのエサとなる菌の含む食材を積極的にとりましょう。

投稿者 chokirei : 10:10 | コメント (0)

スカトール

スカトールについて、便秘で腸内細菌のバランスが悪いと、腸内環境は悪化し、有毒であるスカトール等が大量に発生します。動物食を過剰に食べたり、植物食でも豆類の高タンパク食を続けたりしていると、悪玉菌の繁殖と有機化合物分解による副産物として有毒ガス、スカトール等が発生します。便が臭い原因もまたスカトールのような有毒なガスが原因です。便秘改善にはバランスの良い食事を心がけ、腸内環境を整えましょう。

投稿者 chokirei : 10:14 | コメント (0)

インドール

インドールについて、便秘で腸内細菌のバランスが悪いと、腸内環境は悪化し、有毒であるインドール等が大量に発生します。動物食を過剰に食べたり、植物食でも豆類の高タンパク食を続けたりしていると、悪玉菌の繁殖と有機化合物分解による副産物として有毒ガス、インドール等が発生します。悪化した腸内環境を整えるには、善玉菌の数を増やすバランスの良い食事を心がけ、便秘を解消しましょう。

投稿者 chokirei : 10:15 | コメント (0)

エチルフェノール

エチルフェノールについて、便秘であるということは、ヒトの腸内はビフィズス菌などの善玉菌が減少し、かわってウェルシュ菌などの有害な悪玉菌が増加し腸内環境のバランスがとれてないということである。腸内有害菌はエチルフェノールのような腐敗産物を大量に生成する。つまり、便秘になると腸内には腐った物が蓄積されてるといえるでしょう。

投稿者 chokirei : 10:16 | コメント (0)

黒豆アントシアニン

黒豆アントシアニンというポリフェノールの一種は直接便秘解消に効果があるといわれていませんが、黒豆には他に大豆イソフラボン、ビタミン、ミネラル、食物繊維など便秘に効果的な栄養が豊富に含まれていますので、黒豆アントシアニンを持つ黒豆を摂ることで便秘に有効だといえます。

投稿者 chokirei : 10:17 | コメント (0)

におい控えめ納豆

におい控えめ納豆について、便秘に納豆が効果的だといわれています。乳酸菌が腸内の善玉菌を増やし、免疫力を高めることができるといわれていますが、納豆菌はその乳酸菌以上にビフィズス菌(善玉菌)を増やす作用があります。納豆菌は腸内環境を整え良い状態にしてくれるので、便秘解消には納豆を積極的に食べましょう。納豆の匂いが苦手という方にはにおい控えめ納豆がおすすめです。

投稿者 chokirei : 10:18 | コメント (0)

ドライ納豆

ドライ納豆について、便秘に納豆が効果的だといわれています。乳酸菌が腸内の善玉菌を増やし、免疫力を高めることができるといわれていますが、納豆菌はその乳酸菌以上にビフィズス菌(善玉菌)を増やす作用があります。納豆菌は腸内環境を整え良い状態にしてくれるので、便秘解消には納豆を食べるとよいでしょう。中でも手軽に摂れるので、ドライ納豆はおすすめです。

投稿者 chokirei : 10:18 | コメント (0)

納豆ふりかけ

納豆ふりかけについて、便秘に納豆が効果的だといわれています。乳酸菌が腸内の善玉菌を増やし、免疫力を高めることができるといわれていますが、納豆菌はその乳酸菌以上にビフィズス菌(善玉菌)を増やす作用があります。納豆菌は腸内環境を整え良い状態にしてくれるので、便秘解消には納豆を積極的に食べましょう。納豆のねばねば感が苦手な方には米飯の上に納豆ふりかけをかわりにかけて食べるのも良いでしょう。

投稿者 chokirei : 10:19 | コメント (0)

青汁

青汁について、便秘の解消に青汁の食物繊維が良いといわれています。食物繊維は腸では消化されず、便としては排出されます。食物繊維を多く摂取することによって、便の量が多くなり、便意が起きやすくなります。青汁には、その食物繊維が大量に含まれているので他の理由で青汁を飲み始めたら、結果的にお通じも良くなったということも多いようです。

投稿者 chokirei : 10:20 | コメント (0)

グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースについて、グレープフツーツの果皮や袋、皮の裏側の白くてふわふわした部分などには食物繊維のペクチンが多く含まれています。ペクチンには抗酸化作用や消炎作用があり、老化の予防になります。また、整腸効果があり、便秘がちの人にもおすすめです。ただし、グレープフルーツジュースには、ペクチンはあまり含まれていないと言われています。

投稿者 chokirei : 10:31 | コメント (0)

浣腸薬

浣腸薬について、便秘薬を服用しても、十分な排便が得られない場合、浣腸薬を使います。ただし、医師が浣腸薬を使うのは一度限りのことが多いようです。浣腸薬を続けて使用すると、直腸の排便機能が低下し、ますます便秘で苦しむケースが多いと言われています。薬は目的によっていろいろあり、使い捨てタイプのグリセリン浣腸や塩類下剤である塩化ナトリウムなどがあります。塩化ナトリウムの入っている容器の外装に塩つぶがわくことがありますが、塩類の結晶で、使用に差し障りありません。

投稿者 chokirei : 10:33 | コメント (0)

整腸

整腸とは“人本来のベストな腸の状態”にすることであり、腸内環境を整えることは、同時に健康で長生きできる体へと繋がっていきます。具体的には、善玉菌が増える作用や活性化、有害菌を抑える作用、乳酸菌を増やす作用などにより、便秘、軟便、腹部膨満感を改善し、便通をよくして腸の良いバランスを保つことです。

投稿者 chokirei : 10:36 | コメント (0)

大腸

大腸とは、右下腹部の小腸終末部から、肛門に至るまでの約1.5mの管腔の臓器です。肛門に近い約20cmを「直腸」、それ以外の部位を「結腸」と呼びます。その主な働きは、小腸から流れてきた内容物(下痢状の便)の水分を吸収し、固形の便にすることです。 そして、便秘とは「胃結腸反射の低下」のことなので、大腸の収縮運動(ぜんどう運動)が低下すると、便秘になってしまいます。

投稿者 chokirei : 10:37 | コメント (0)

医薬品

医薬品について、病気の予防や治療をするために、名称,成分,分量,用法容量、効能効果,副作用について、品質・有効性及び安全性に関する調査を行い厚生労働大臣や都道府県知事が認めたもの。便秘薬にも医薬品と医薬部外品とがある。薬事法における「医薬品」の定義は以下の通り。(薬事法抜粋)
1.日本薬局方に収められている物 2.人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、器具器械(歯科材料、医療用具及び衛生用品を含む。以下同じ)でないもの(医薬部外品を除く)  3.人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、器具器械でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く)

投稿者 chokirei : 10:38 | コメント (0)

宿便

宿便とは小腸や大腸の内壁に頑固な形で、何ヶ月あるいは何年もの間、付着した糞尿のことです。その主成分は、脂肪と蛋白質で腐敗がひどく、毒素と悪臭を発散しています。宿便の原因となるのものは蛋白質(肉類)・脂肪・体内で完全に燃焼されかったホルモン(ステロイド類)です。そして、過食、乱れた食事内容、運動不足も原因になります。この宿便こそが、便秘の原因とも言われているので、宿便改善に勤めることは必須事項と言えるでしょう。

投稿者 chokirei : 10:40 | コメント (0)

スッキリ感

スッキリ感について、一般的には、3日以上便通がないことが便秘とされていますが、回数はあくまで目安です。毎日排便がないから、便秘というより、2~3日に一度であっても規則正しく便通があり、排便後、自分にすっきり感があれば、それは便秘とは言いません。逆に毎日便通があったとしても排便がとてもつらい、便が固い、排便が終わってもどうもすっきりしないといった感じがある人などは、便秘が疑われる場合もあります。

投稿者 chokirei : 10:41 | コメント (0)

薬について

薬について、便秘薬は腸の内容物をやわらかくし、その排泄を容易にしたり、腸の運動を調整して内容物を排泄させる薬剤があり、緩下薬と峻下薬とがあります。緩下薬は、その作用規序から塩類下剤、膨潤性下剤、浸潤性下剤、刺激性下剤に分類されている。便秘薬を使用する場合は作用の弱いものから少量ずつ用い、種類を変えて交互に用いると良いと言われています。

投稿者 chokirei : 10:41 | コメント (0)

浣腸

浣腸とは簡単に言うと「排便・排ガスを促進するため」のものです。 基本的には、便秘や腸の手術などの際に洗浄のために肛門部に液体を注入すること。あるいはその液体をさします。種類は大きく、排便を促す排便浣腸。腸内ガスの排出を促す駆風浣腸。薬剤を注入して効果を期待する保留浣腸、緩和浣腸、興奮浣腸、鎮静浣腸。X線撮影の為にバリウムを注入するバリウム浣腸などの目的で、4つの分類に分けることができる。

投稿者 chokirei : 10:42 | コメント (0)

ヨガ

ヨガについて、便秘の大きな原因の一つが運動不足。実際、腹筋が弱く、腸の運動が弱いため便を十分押し出せない弛緩性便秘の人が多い。そんな運動不足で便秘症の人に特に効果的なのが、ヨガ。ヨガの動きと複式呼吸は、胃腸のストレッチになるため、便意を改善する効果がすごくあり、便秘が改善されたという声も多くでている。

投稿者 chokirei : 10:43 | コメント (0)

クロロフィル

クロロフィルとは、葉緑素のことです。緑色植物の細胞の中にある太陽の光エネルギーを利用し、炭酸ガスと水から酸素と炭水化物を合成する色素である。クロロフィルの原料は、淡水系藻類のスピルリナやよもぎ、わかめのような海藻類から分離抽出される。その他、ホウレン草・モロヘイヤ・シソ・チンゲンサイ・小松菜・パセリ・明日葉・ブロッコリーなどに含まれる。これは、便秘にも良いといわれている。

投稿者 chokirei : 10:45 | コメント (0)

アロマテラピー

アロマテラピーが便秘の解消法としてあります。便秘は心の不健康つまりストレスからくる場合もあります。アロマテラピーはハーブなどの植物から摘出した精油(エッセンシャルオイル)の香りとその成分で心や体の不快な状態を改善し、よい方向に導くことで実証されています。また、アロマオイルを用い腰やお腹周りをマッサージすることにより腸の働きを活発にさせるといわれています。

投稿者 chokirei : 10:46 | コメント (0)

スイートオレンジ

スイートオレンジの香りは、柑橘系の代表的な香りの1つといえます。甘くさわやかな香りは、心に安らぎと元気を与えてくれます。気分を前向きに持っていくにはぴったりの香りです。

投稿者 chokirei : 10:52 | コメント (0)

バスソルト

バスソルトは、自然塩を基にし、着香、着色された入浴剤として知られています。
便秘に良いとされるミネラルを多く含んだバスソルトは気軽に出来る便秘解消の方法のひとつです

投稿者 chokirei : 10:53 | コメント (0)

ネロリ

ネロリの香りは高級な香水の材料として、主に利用されています。そのほとんどが、ビターオレンジやスイートオレンジの花から抽出されます。心への作用は、慢性的な不安症、月経前や更年期の不安やいら立ち、緊張・ショック・ヒステリーを起こした時に気分を鎮め、幸福感を与えます。便秘の原因として、それらを解消することが便秘解消への一つの手段といえます。ネロリの語源は、昔イタリアの女性の間で絹の手袋に香水をつけるのが流行っていました。そのときのネロリ王国の公妃がオレンジの精油を愛用してたことから、広く呼ばれるようになったといわれています。

投稿者 chokirei : 10:54 | コメント (0)

2005年09月18日

対策とお茶

便秘対策のお茶は食品としてはカメリア属チャの芽葉から作られる嗜好飲料で、植物による薬物は生薬に分類されるもの。 健康茶なる概念は最後のいわゆる健康食品に分類され、特に便秘解消の作用を持つものを便秘茶と言う。

投稿者 chokirei : 23:02 | コメント (0)

解消体操

解消体操は色々ありますが、簡単にできる体操は仰向けになって、足を上にまっすぐ伸ばし、自転車のペダルを踏むように足を交互に下方へ力強く押し上げます。この体操を続けることで、副交感神経を刺激し、腸のぜん動運動を活発にするので、排便を促進する効果があります。

投稿者 chokirei : 23:05 | コメント (0)

解消運動

解消運動について、運動不足は便秘になりがちです。排便の時にはお腹まわりの筋肉が重要になります。日常生活の中で簡単にできる運動で、腹筋を鍛えると、便秘解消に効果があります。

投稿者 chokirei : 23:07 | コメント (0)

体操

体操や運動が便秘に効果的と言われています。そのため、寝たきりの人は運動不足のため便秘になりやすいといえます。便秘を解消するには、飛び上がったり、体をひねったりなど、動きのあるものが良いとされています。また、ジョギングなども効果的です。

投稿者 chokirei : 23:10 | コメント (0)

ツボ(つぼ)

ツボ(つぼ)について、便秘の解消方法のひとつとして、ツボ押しがあります。よく知られているのが、親指と人差し指のまたの間にある「合谷()ごうこく」というツボです。片方の親指で円を描くような感じで押しもみします。また、腕の手甲側で手首の中央から上へ指4本分のところにある、ツボから、さらに上へ親指幅分を上がったところに「支溝」というツボがあります。親指の腹でグッと力を入れて、真下に向けて押すと、どんな便秘にも効く、「便秘の名穴」といわれています。

投稿者 chokirei : 23:11 | コメント (0)

解消レシピ

解消レシピについて、便秘解消レシピはさまざまなものがあります。主に、食物繊維を多く含んだごぼうや、セロリなど野菜を中心とした食材を使ったものや、乳酸菌などを含んだヨーグルトなどの料理などが知られています。

投稿者 chokirei : 23:14 | コメント (0)

改善策と浣腸

浣腸について、便秘に悩む女性が多い中、浣腸の経験者は少ないのが現状です。浣腸のしすぎは良くありませんが、ひどい便秘が続く場合などは浣腸をすれば、一気に便秘解消することができます。しかし、簡単に解消できるからといって、繰り返すと、直腸の粘膜が過敏になってしまい、一日に何度も便意を催したり、逆に浣腸なしでは排便が出来なくなるようなことがあります。従って、浣腸はどうしても出ないときに非常手段と考えた方が良いでしょう。

投稿者 chokirei : 23:16 | コメント (0)

効くのは

便秘に効くのは人によって、解消法がそれぞれですが簡単に取り入れることが出来るのは、食事療法です。納豆やヨーグルト、りんごなどを食べることによって腸の中の善玉菌を増え、悪玉菌が減少するので便の排出をスムーズにしてくれます。

投稿者 chokirei : 23:17 | コメント (0)

予防

便秘予防するには、食生活や普段の生活から始められます。現代人に多い外食などをなるべく控え、野菜を中心とした食物繊維を積極的にとったり、軽い運動や、ストレッチをすることで腸の動きを活発にし、便秘予防ができます。

投稿者 chokirei : 23:19 | コメント (0)

レシピ

便秘レシピとは、便秘解消のための献立です。食物繊維が豊富なわかめや、乳酸菌が豊富なヨーグルトなど成分を考えた食材で調理することで、簡単に便秘解消のためのレシピをつくることができます。

投稿者 chokirei : 23:20 | コメント (0)

食事

食生活の乱れや、偏った食習慣は便秘の最大の原因と言われています。必要なものを必要なだけ、一日の自分の体のリズムに合わせてきちんととるようにしましょう。一日に3回、特に朝食を食べると、寝ていた胃腸の動きを活発にし排便につながります。また、夜は寝る前に食事をすると、消化器官が鈍くなっている状態なので食べてすぐ寝ると、翌朝、排便が出にくく便秘の原因になります。

投稿者 chokirei : 23:21 | コメント (0)

マッサージ

マッサージは手軽にできて便秘に効果的です。朝起きて、布団の中で時計回りにおへそを中心に、30回程度ぐるぐる円を描くようにマッサージしたり、トイレの中で、腹部の左側足の付け根の上辺りを両手で30回程度押すなどして、腸の動きを促すことができます。

投稿者 chokirei : 23:22 | コメント (0)

治すには

便秘には様々な種類があり、これといった1つの方法はありませんが、生活習慣を改め、規則正しい生活とすることと、食物繊維を多くとることや運動習慣、ストレスをうまく処理することが便秘解消するために大事な点と言われています。

投稿者 chokirei : 23:23 | コメント (0)

治し方

よく運動をし、食事をしっかりととることが重要。食物繊維を多くとることと、バランスの取れた食事を心がける。便秘にはいろいろな種類があるので、それに見合った改善方法を実施することが望ましい。

投稿者 chokirei : 23:25 | コメント (0)

寒天

寒天には水溶性植物繊維がとても多く含まれており、この食物繊維が腸内の便を絡めとり、便秘にとても効果があるとされています。

投稿者 chokirei : 23:26 | コメント (0)

寒天ダイエット

寒天ダイエットについて、寒天は海草を原料としたノンカロリー食材であると同時に食物繊維を多く含んだ食材で、便秘を解消し、同時にダイエットの効果があることで知られています。

投稿者 chokirei : 23:27 | コメント (0)

2005年09月19日

ダイエット

ダイエットによる食物繊維の不足により便秘になる人が多いことが知られています。また便秘になるとサプリメントなどの栄養分も効率よく体内に吸収されにくくなり、ダイエット効果も半減すると言われています。

投稿者 chokirei : 18:07 | コメント (0)

豆乳ダイエット

豆乳ダイエットについて、豆乳とはゆでた大豆をすりつぶし、絞った汁のことをいいます。便秘予防や便秘を改善するのに大豆に含まれる成分が良いと言われています。腸内の善玉菌を活性化し、悪玉菌を減少させることで知られています。豆乳を使った食事を摂ることで、便秘が解消されるとともに豆乳に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンに似た働きをする性質があるため、美肌効果も見られ、豆乳で便秘解消をしてきれいにダイエットできる効果が期待できます。

投稿者 chokirei : 18:09 | コメント (0)

効くといわれる食べ物

便秘に効く食べ物は、代表的なものは食物繊維をたくさん含む野菜や海藻類などです。また、善玉菌を増やす納豆やヨーグルトなども便秘に効きます。さらに、豆類・イモ類なども便秘解消に効果があると言われています。

投稿者 chokirei : 18:11 | コメント (0)

食べ物

食べ物と便秘とはとても深く関係しています。食生活の乱れや栄養の偏った食事を摂ることで便秘につながってくるのです。食生活を見直すことで、便秘解消につながります。

投稿者 chokirei : 18:12 | コメント (0)

豆乳

豆乳とは、大豆をゆでてすりつぶして搾った汁のことを言います。お豆腐はこの豆乳ににがりを入れて固めたものです。高たんぱくでコレステロールがないので、健康食材として有名です。豆乳に含まれる成分は水分を吸着しやすい性質を持つので、腸内細菌に、オリゴ糖が食べられるときに水分を放出してくれます。それによって便の中の水分量がお通じするのにちょうど良い高さになり排便をスムーズにしてくれます。

投稿者 chokirei : 18:13 | コメント (0)

運動

運動について、便秘の方に多いのが運動不足です。運動不足によってお腹周りの筋力低下や、座ってばかり、寝たきりなどで腸の運動量が少なく便秘につながります。効果的な便秘に効く運動は腹筋を鍛えることです。またその他にも、寝たまま、足を上にのばして自転車をこぐように上下に足を押すことを繰り返しやることで、腸の動きを活発にします。

投稿者 chokirei : 18:15 | コメント (0)

食物繊維

食物繊維が便秘解消には良いとされていますが、食物繊維だけをとっても、便秘を解消することはできません。大切なのはバランスをとることです。食物繊維のほかにビタミンや水分を摂ることで、便秘解消につながります。

投稿者 chokirei : 18:16 | コメント (0)

カテキンとお茶

お茶の中の成分でカテキンというものが入っていますが、このカテキンは便の臭いを減少し、嵩を増やすということで、便秘解消に役立つ働きがあると言われています。大腸まで届いたカテキンは中で、善玉菌を増やし腸環境を整えてくれます。

投稿者 chokirei : 18:17 | コメント (0)

お茶

便秘を解消するためのお茶にはさまざまな種類があります。漢方を混ぜたお茶や市販されているお茶など、また緑茶などカテキンを多く含んだお茶も良いと言われていますが便秘の症状によって様々な種類のものがあります。

投稿者 chokirei : 18:18 | コメント (0)

サプリメント

サプリメントで便秘を解消を促すとされるものには、さまざまな種類があります。原材料に乳酸菌や食物繊維を含み腸内洗浄を促す効果があるサプリメントや、ハーブを原材料として、便秘解消のほか新陳代謝を高める効果もあるサプリメントなどがあります。

投稿者 chokirei : 18:19 | コメント (0)

漢方薬

漢方の便秘薬にはさまざまな種類があります。便秘の症状によって漢方便秘薬の選び方が変わってきます。高齢者の便秘によく用いられるのが潤腸湯(じゅんちょうとう)という漢方です。胃腸の弱い方には桂枝加芍薬薬黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)という漢方薬がよく用いられます。この様に症状や、その人の状態によって、漢方の種類が変わってくるので専門医に相談してから決めることをお勧めします。

投稿者 chokirei : 18:21 | コメント (0)

漢方

漢方とは日本に西洋医学が伝わる前に行われていた中国の伝統医学です。漢方薬とは病気を治す薬や予防薬・体質改善薬として使われます。便秘解消の漢方には豊富な種類があります。便秘といってもさまざま症状があるので、症状によって漢方を選んで便秘解消につなげましょう。

投稿者 chokirei : 18:22 | コメント (0)

酸化マグネシウム

酸化マグネシウムとは化学的に取り出して、高熱で分解したもので医薬品としての各条項の規定事項で判断された「日本漢方局」の医薬品です。この酸化マグネシウムには、腸内の水分を引き寄せ、便をやわらかくして嵩を増やしてくれるので、便秘症の方によく処方されます。

投稿者 chokirei : 18:23 | コメント (0)

さらさらきれい茶

さらさらきれい茶とは、日本人の体質を考えてできたインドやスリランカの限定地域に自生するサラシア・レティキュラーを主成分とする6種の野草のブレンド茶です。人によって効果が現れる差はありますが、大腸のぜん動運動が活発になることによって、排便がスムーズになり、便秘解消になると言われています。

投稿者 chokirei : 18:24 | コメント (0)

頑固便秘

頑固便秘の主な原因は食事の量が極端に不足していたり、水分不足・野菜など食物繊維の不足・大腸のぜん動運動が弱い・自律神経の乱れなどがあげられます。食事量が少ないと、便がなかなかつくられないので、慢性便秘になりやすいといわれています。また、便意を感じても我慢してしまうと大腸のぜん動運動の働きを悪くしてしまうので便意自体を感じにくくなってしまいますので、食生活や生活リズムを見直して便秘予防を心がけることが大事です。

投稿者 chokirei : 18:27 | コメント (0)

2005年09月20日

メタンガス

メタンガスとはメタン生産菌という菌によって生産されます。人間の腸の中にもその菌は住んでいて、食べ物を消化するときに一緒に働き、メタンガスをつくります。そしておならとなって排出されます。しかし、便秘症の場合、おなかにガスが溜まると、血液を通って、メタンガスのにおいが皮膚の毛穴から排出されることもあると言われています。

投稿者 chokirei : 03:55 | コメント (0)

腸壁

腸壁にこびりついたままつまった便は、腸の中の毒素となり、身体にさまざまな影響を与えてしまいます。便秘を細かく分けると緊張性の便秘というのがありますが、腸壁のけいれんにより腸が収縮し、便の通りが悪くなって腸壁に水分が多量吸収されて固い便となって便秘になると言われています。
ストレスを感じたら、感じた分だけ悪循環になりますので、リラックス方法を日々取り入れることをお勧めします。

投稿者 chokirei : 03:57 | コメント (0)

肌荒れ

肌荒れや、ニキビ、吹き出物、肌のくすみの原因のひとつに便秘があげられますが便秘をすると、毒素や老廃物・腐敗物などが体内、血液に吸収されて、その悪いものを外に出そうとするため、肌に影響が出てしまうと考えられています。

投稿者 chokirei : 03:59 | コメント (0)

大腸

大腸とは、小腸から肛門までの筒状の腸管です。平均では135cmあると言われていますが、かなり個人差があるようです。排便する際に重要なのは大腸が収縮運動をして便を送り出すということですが朝、きちんと食事をとると収縮運動が起きるということがわかっています。便秘のときはその運動がスムーズでないのも原因のひとつなので、規則的に食事をゆっくりとることも大事です。

投稿者 chokirei : 04:01 | コメント (0)

毒素

毒素とは腸の中で分解し切れなかった食物(未消化食物)の分子のことを言います。これは分子が大きいので栄養としては吸収されないので、内臓に溜まって、脂肪になったり、皮膚から排出しようと、ニキビや肌荒れの原因になったりすると言われています。また、便秘になると血液中に毒素がまわり、血液がどろどろになると考えられています。

投稿者 chokirei : 04:03 | コメント (0)

活性酸素

活性酸素とは、活性された酸素のことを言うのですが、必要以上に活性酸素ができてしまうと、逆に正常な細胞や、細胞膜などに攻撃をかけ、破壊するような行動をとってしまうのです。病気や老化の約90%の根本的な原因が活性酸素と言われています。便秘になると、活性酸素が増加すると言われています。しかし、活性酸素は、人間が生きる上で極めて重要な働きもしています。体内に入り込んだウィルス、細菌、カビなどを退治してくれるので殺菌効果があるのです。

投稿者 chokirei : 04:05 | コメント (0)

お通じの時間が毎日決まっていない

現代の社会に生きていると、不規則な生活になりがちで毎日、お通じの時間が決まっていない方が多いようです。しかし、不規則なお通じは、便秘の原因となります。なるべく規則的な生活を心がけ、水分を多く採るなどして、毎日大体同じくらいの時間にお通じの時間をつくるのが理想です。

投稿者 chokirei : 04:08 | コメント (0)

臭いおなら

臭いおならについて、おならとは生理現象ですが、おならの中に含まれている約99パーセントのガスは無臭です。わずか1%以下のガスであるアンモニア、硫化水素、インドール、スカトールという気体が臭いの原因なのです。一般的に臭いおならは、お肉など、たんぱく質を多量に摂取したときに出るとされていますが、便秘のときには腸の中で悪玉菌が増えるために、臭いおならになると考えられています。

投稿者 chokirei : 04:10 | コメント (0)

食事が不規則

不規則な食事は便秘の原因のひとつです。特に、朝食は、大腸の収縮運動に働きかけることで知られています。また繊維の少ない偏った食事をしていると、腸壁に適当な働きかけが弱くなり刺激が起こりにくくなるため便秘になることがあります。また、食事制限をするなどのダイエットは食事の量が極端に少ないことが原因で便秘になる場合もあります。

投稿者 chokirei : 04:11 | コメント (0)

野菜不足

野菜不足は便秘の原因の一つです。もともと、農耕民族であった日本人は、野菜や穀物など、食物繊維を中心とした食事の習慣がありました。しかしコンビニなどの普及や食習慣の欧米化など、野菜を十分に採る事が難しいのも事実ですが、意識的に野菜をとる食事は、便秘の方にとって重要な習慣です。

投稿者 chokirei : 04:14 | コメント (0)

肉好き

肉好きの人には便秘が多いと言われています。なぜ、お肉が好きな人が便秘になりやすいかというと、お肉を採り過ぎると消化器官に熱を持ちやすくなり、のどが乾いたりします。腸に熱があるために、水分が蒸発し、固い便になってしまうと考えられています。また、日本人の食習慣は穀類や野菜などが中心であったため、多くの栄養を摂取するために腸が長く、欧米の人種に比べると1.3倍もの長さがあると言われています。従って、体質的にも現代のようなたんぱく質が多い欧米化した食事は、便秘の原因のひとつと考えられています。

投稿者 chokirei : 04:17 | コメント (0)

外食ばかり

ファーストフードや外食、また、家で食べてもコンビニのお弁当などインスタント食品が中心という人が増えています。確かに便利ですが外食ばかりだと、野菜不足・高脂肪・高たんぱくになりやすく、食物繊維やビタミンが不足してしまいます。このような偏った食生活が便秘の原因のひとつといわれています。

投稿者 chokirei : 04:19 | コメント (0)

コンビニ弁当

コンビニ弁当や、スナック菓子など、外食ばかりの食生活は、野菜不足・高脂肪・高たんぱくになりやすく、食物繊維やビタミンが不足してしまいます。このような偏った食生活は、排便のリズムを乱し、便秘の原因のひとつになると言われています。

投稿者 chokirei : 04:21 | コメント (0)

抗生物質

抗生物質とは微生物が生産する他の微生物の生育を阻害する物質のことを言います。この抗生物質の副作用によっては、一時的に便秘の原因となることが知られています。

投稿者 chokirei : 04:24 | コメント (0)

たばこ

タバコの成分であるニコチンが腸の働きを活発にするということは医学的に証明されていますが、長い期間で考えると、喫煙することにより、血流の流れが悪くなり、粘膜の働きを弱くしてしまいますので、便秘を根本から解決したい場合には不向きといえそうです。

投稿者 chokirei : 04:26 | コメント (0)

顔色

顔色と便秘はとても深いつながりがあります。内臓の神経は、顔、手の内、足の裏などさまざまな箇所に来ています。ちょっと顔色が青白いという方は血液の浄化が完全ではないため、肝臓に負担をかけています。また、顔が黒ずんでいてつやがないという方は血液が相当濁っている状態と言えるでしょう。
赤みがあってつやがある顔色は健康な顔色です。便秘のときは、顔色にも意識を向けましょう。

投稿者 chokirei : 04:28 | コメント (0)

老けている

便秘になり、新陳代謝が悪くなると、さまざまな影響がでてきます。その一つに、老けて見られるというのがあります。顔色がさえなかったり、肌荒れなどが重なり、実際の肌年齢より老けて見られてしまうのです。新陳代謝を高めるにはビタミンやアミノ酸がいいといわれています。

投稿者 chokirei : 04:31 | コメント (0)

吹き出物

吹き出物とは、皮膚にできるできものの事を言います。思春期のニキビが額にできやすいのに対して、吹き出物は顎や生え際など、フェイスラインにできる事が多く、その原因のひとつが便秘です。生活習慣が不規則だったり、食生活の乱れ、ストレスなどにより起こると考えられています。便秘による吹き出物に悩んでる女性が多いのも現状です。

投稿者 chokirei : 04:32 | コメント (0)

強いストレス

強いストレスを感じると、自律神経の働きが乱れてしまい大腸の収縮運動(蠕動運動)に影響が及ぼされ、便秘や下痢になると考えられています。自律神経は、メンタルなことに影響を受けやすく、便秘の原因を考えるときに、心の状態に意識を向けてみると良いと言われています。

投稿者 chokirei : 04:35 | コメント (0)

運動不足

運動不足が便秘の原因の一つとしてあげられます。また運動不足のときは、大腸も運動不足の状態と言われています。その場合、便が腸の中に溜まって便と腸壁が接している時間が長くなり、腸壁は便から水分を吸収してしまい便が固くなってしまい排便しにくくなり、便秘になると考えられています。

投稿者 chokirei : 04:38 | コメント (0)

眠れない

眠れない(不眠)は便秘の原因のひとつと言われています。ストレスが原因で不眠になり、自律神経に影響を与え、腸内の活動を低下させ、便秘となると考えられています。このように眠れない事と便秘は密接な関係があると言われているため、便秘気味のときは、良質な睡眠を工夫してとるべきであると言われています。

投稿者 chokirei : 04:41 | コメント (0)

寝不足

寝不足について、便秘が不眠症や食欲不振、肌荒れ、肩こりや腰痛などの症状を伴うことが多いと言われています。自律神経の働きによるものがほとんどと考えられており、不規則な生活習慣やストレス、偏った食事習慣などがその原因と考えられています。

投稿者 chokirei : 04:46 | コメント (0)

スッキリ感

スッキリ感のない排便は、便秘の症状のひとつです。便通が毎日あっても、スッキリした排便でなければ、便秘対策を意識したほうが良いと言われています。水分が足りず便が硬い場合や、繊維質が不足しかさが少ないとスッキリした排便を感じることができません。食事に繊維分の多い野菜などの食材を多めにし、水分を意識的にとるようにするなどの対策が良いといわれています。

投稿者 chokirei : 04:49 | コメント (0)

いきむ

いきむということについて、便秘になると、便が固いため、排便をするときに強くいきむようになります。しかし、いきむことで肛門付近の静脈がうっ血してしまったりします。そして排便を我慢する用になり、さらに便秘を悪化させてしまうこともあるようです。

投稿者 chokirei : 04:57 | コメント (0)

種類

便秘の種類には大きく分けて「器質性」と「機能性」があります。「器質性」とは、便の流れる通路である消化管(胃、小腸、大腸、肛門)の働きの低下などによるものを言います。「機能性」とは、自律神経が正常に働かないことによる便秘です。慢性的な便秘には弛緩性、痙攣性、直腸性、全身疾病による物があります。

投稿者 chokirei : 05:00 | コメント (0)

病気

便秘を主症状とする病気の代表的なものは大腸がん、腸閉塞などがあります。腸閉塞は「イレウス」とも呼ばれ、なんらかの原因で腸管の通過が妨げられた状態です。イレウスは機械的イレウスと機能的イレウスに分けられます。機械的イレウスは腸管の閉塞を来たしている状態です。機能的イレウスは腸管が運動麻痺となっている状態と言われています。

投稿者 chokirei : 05:03 | コメント (0)

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼには、整腸作用があることで知られています。また腸内のビフィズス菌が増えると言われているため、便秘解消に良いと考えられています。また血液循環を良好にし、カルシウムの働きと密接な関係があるビタミンK2などが含まれています。便秘解消のために納豆を意識して、食事にとりいれるのは有効といえそうです。

投稿者 chokirei : 05:10 | コメント (0)

ナチュラルキラー細胞

ナチュラルキラー細胞とは、体の中に入ってきた、細菌やがん細胞を早期に発見して、攻撃を行ってくれる免疫細胞のことを言います。このナチュラルキラー細胞は、ストレスを感じている状態と、安定した精神のもとでは、動きが全然違うといわれています。便秘の際に、ストレスが溜まりナチュラルキラー細胞の動きが悪いと腸にポリープができて、大腸がんにつながる恐れもあると言われています。

投稿者 chokirei : 05:25 | コメント (0)

フェノール

フェノールとは、おならに含まれる異臭成分の一つ。便秘をして、腸内に便が溜まり悪玉菌が増えると、食ベカスに含まれるアミノ酸やたんばく質などの分解が促されます。この分解の際に発生するのが、フェノールをはじめとして、アンモニア、硫化水素などのさまざまな有毒ガスや有害物質です。

投稿者 chokirei : 05:27 | コメント (0)

フコキサンチン

フコキサンチンは、褐藻類の海藻にしかないカロチンで発ガン抑制の働きが強いと考えられています。またメカブに含まれていることがよく知られています。フコキサンチンを含む褐藻類の海藻は食物繊維が多く含まれています。そのため便秘解消に良いと言われる食材のひとつです。

投稿者 chokirei : 05:28 | コメント (0)

蜂蜜

蜂蜜に含まれている果糖には、大腸に刺激を与えて腸の活動を促し、排便をスムーズにする作用があります。さらには、水分を引き込む作用もあり、便を軟らかくし、出しやすくしてくれますので、蜂蜜は便秘解消に効果的な食品と言えます。糖分の摂り過ぎにならないよう毎日適量の蜂蜜と、便秘には、水分を摂ることも大切なので、蜂蜜を摂るだけでなく水分摂取も十分に行うのが良いと言われています。

投稿者 chokirei : 05:35 | コメント (0)

グルコン酸

グルコン酸は、ビフィズス菌を増やす作用を有することが知られている唯一の有機酸です。ビフィズス菌の働きとして、腸内の腐敗産物の生成を抑制し、腸内の運動を活発化させるなどありますので、便秘解消に効果があるといえます。グルコン酸は間接的とはいえ、便秘に効果的でしょう。

投稿者 chokirei : 05:44 | コメント (0)

乳清

乳清とは乳から乳脂肪分やたんぱく質を除いた水溶液のことです。ヨーグルトを静かに放置しておくと上部に溜まる液体のことです。肉類中心の偏食、環境の変化、ストレス、運動不足、加齢によってビフィズス菌の勢力はおとろえます。乳清発酵物の働きにより、腸内の善玉菌の代表であるビフィズス菌を増やし、環境を整えることにより、便秘改善に効果があります。

投稿者 chokirei : 05:45 | コメント (0)

ヨーグルト表面の水分

ヨーグルトを静かに放置しておくと表面に水分が溜まります。それは乳清と呼ばれる乳から乳脂肪分やたんぱく質を除いた水溶液ですが、便秘解消に不可欠な善玉菌を増やす力を持っているといわれています。ヨーグルトを食べる時、この水分を捨ててしまう人がいませんか?便秘解消のためにもしっかり残さず摂りましょう。

投稿者 chokirei : 05:47 | コメント (0)

プロバイオティクス

プロバイオテックスとは善玉腸内細菌のことで、生きたまま腸に届き、腸壁にしっかり吸着する能力を持ち、病原性がないといった特性をもつ善玉菌の総称です。便秘になるということは、腸内のプロバイオティクス(善玉菌)が減り、悪玉菌が増えているという状態だといえます。腸内環境の改善、便秘解消には腸内のプロバイオティクスを増やす効果のある食品をとることが有効であると考えられています。

投稿者 chokirei : 05:49 | コメント (0)

プロバイオティクス効果

プロバイオティクス効果とは、腸内細菌のバランスを改善し、体の防御機能を高めることです。この効果を得るには乳酸菌が生きたまま腸に届く必要があり、便秘解消にも必要な効果です。乳酸菌が腸に届くと腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やし、悪玉菌より優勢になり腸内環境が良好になるからです。
つまりはプロバイオティクス効果が高まると便秘解消に結びつくといえるでしょう。

投稿者 chokirei : 05:51 | コメント (0)

プロバイオティクスヨーグルト

プロバイオティクスヨーグルトとは、一般的なヨーグルトに含まれている乳酸菌が、腸に達する前にほとんどが胃酸や胆汁によって死滅してしまう中、生きたまま腸に届く乳酸菌を使ったヨーグルトだけが、プロバイオティクスヨーグルトと呼ばれます。生きたまま腸に届くと、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らし、腸内環境を整え、便秘解消につながります。ヨーグルトをなにげなく食べるのではなく、プロバイオティクスヨーグルトを進んで食べることによって便秘解消により高い効果が得られると言われています。

投稿者 chokirei : 05:52 | コメント (0)

カスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルトは一般のヨーグルトよりも便秘解消に効果的だといえます。カスピ海ヨーグルトとは、黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス地方で昔から食べられてきたヨーグルトのことで、乳酸菌や食物繊維、高い糖質を含み、通常のヨーグルトよりも粘着力があります。この粘性多糖体は消化されにくいので、胃や腸の入り口で分解されず腸内に届きます。腸内善玉菌は乳酸菌、食物繊維、糖質をエサにして増殖するため、腸内環境が整い、便秘が解消されます。

投稿者 chokirei : 05:53 | コメント (0)

クレモリス菌

クレモリス菌のもつ粘着性のある成分は、胃酸でも分解されにくく腸の中の消化酵素にも強いと言われています。また食物繊維のように働くので、便秘解消に効果があります。クレモリス菌はカスピ海ヨーグルトに多く含まれているので、便秘に悩んでいる方はカスピ海ヨーグルトが良いと言われています。

投稿者 chokirei : 06:04 | コメント (0)

納豆

納豆が便秘に効果的だといわれています。乳酸菌が腸内の善玉菌を増やし、免疫力を高めることができるといわれてますが、納豆菌はその乳酸菌以上にビフィズス菌(善玉菌)を増やす作用があります。納豆菌は腸内環境を整え良い状態にしてくれるので、便秘解消には納豆を積極的に食べましょう。

投稿者 chokirei : 06:19 | コメント (0)

腸内腐敗物質

腸内腐敗物質は悪玉菌の一種である腐敗菌を含んだ物質のことで、腸内に腐敗物質が多いと便秘の原因になるといわれています。

投稿者 chokirei : 06:26 | コメント (0)

バナナ

バナナは便秘解消に効果あります。バナナにはペクチンとセルロースの2種類の食物繊維が含まれています。ペクチンは水に解け、セルロースは水に解けないのが特徴です。セルロースは、便のかさを増やして便通を改善する働きをし、ペクチンは便に水分を含んで便通をよくする働きをもっています。バナナには、この食物繊維両方が含まれているため便秘解消によいとされています。

投稿者 chokirei : 06:31 | コメント (0)

熟しきらないバナナ

熟しきらないバナナを便秘に選ぶほうがよいといわれています。熟しきらないバナナには、難消化性でんぷんが多く含まれています。これは、そのまま大腸に届きやすく、乳酸菌などの善玉菌のエサとなります。つまり、青いバナナならオリゴ糖とも相まって、善玉菌を増やす効果も高いので便秘解消により効果的といえます。

投稿者 chokirei : 06:32 | コメント (0)

難消化性でんぷん

難消化性でんぷんは、消化酵素の消化作用に抵抗性をもつでんぷんで、生理的な機能として食物繊維と同じ作用をします。食物繊維と同じ作用をもっているということは、便通を良くするなどの役目を持っていますので、便秘予防に有効な働きをします。難消化性でんぷんを多く含んでいる食品の代表としてご飯があげられます。欧米化されパン食を好む人が増える中、便秘解消のためにもご飯をもう一度見直してみましょう。 

投稿者 chokirei : 06:34 | コメント (0)

善玉菌のエサ

善玉菌のエサについて、腸内環境をよくし便秘を防ぐには、善玉菌を増やすことだといわれています。その善玉菌を増やすエサとなるのが乳酸菌です。乳酸菌を積極的に補うことで、食物繊維や糖を分解して、酪酸や酢酸をつくり、腸内を酸性にするので、酸性が苦手な悪玉菌を減少させることができます。そして、酸が腸を刺激することによって、便通をよくし、便秘を解消することができます。乳酸菌はヨーグルト、納豆、酢の物などに多く含まれています。

投稿者 chokirei : 06:35 | コメント (0)

リンゴ

リンゴは食物繊維の一種ペクチンが豊富に含まれています。食物繊維は乳酸菌のエサとなるので善玉菌を増やすことができ腸内環境を整える作用があり、便秘に効くといわれています。腸内にある善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして、便通をよくしてくれるからです。ペクチンは皮に多く含まれているため、できれば皮ごと食べることをおすすめします。

投稿者 chokirei : 06:37 | コメント (0)

口臭

口臭について、便秘の方は、宿便が普通の人の倍あるといわれています。大腸菌などのインゲンに害を及ぼす、悪玉菌は、体臭や口臭を発する有毒なガスを発生させています。この有毒なガスが溜まると、血液から吸収されて体に回り口臭がおこると考えられています。便秘を改善する事で、口臭の改善につながります。

投稿者 chokirei : 06:43 | コメント (0)

肩こり

肩こりの原因は、ストレスや、目から来るもの、血行が悪いなど様々な原因がありますが、便秘の方は、腸内で発生した毒素が自律神経の乱れを及ぼして肩こりに繋がるというケースが多いといわれています。便秘に伴う症状として肩こりが多いのには、密接な関係がありそうです。

投稿者 chokirei : 06:44 | コメント (0)

頭痛

頭痛の原因は、風邪を引いたときなどももちろん、ストレスから来るものや血行の流れが悪いせいで引き起こるものなど、様々ありますが便秘の方は、腸内で発生した毒素が自律神経の乱れを及ぼして頭痛に繋がるというケースがよく言われています。

投稿者 chokirei : 06:47 | コメント (0)

腰痛

腰痛は便秘に伴う症状として多くに見ることができると言われています。その原因のひとつには、便秘に伴う自律神経の働きによるものが関係していると考えられます。また便秘には、血流の働きも低下させることも腰痛の原因となっているようです。

投稿者 chokirei : 06:49 | コメント (0)

けん怠感

けん怠感について、便秘の方は、血流の流れが悪いため新陳代謝がスムーズに行きにくくなり、だるさなどの、けん怠感を感じる事が多いようです。また便秘の原因のひとつと考えられている自律神経の乱れも、不眠などの症状を伴うため、けん怠感や疲労感を増幅させます。

投稿者 chokirei : 06:53 | コメント (0)

食道

食道とは、のどと胃の間にある、管状の臓器で、飲み下した食物を胃まで運ぶという働きをしてくれています。便秘が原因で、嘔吐をするケースがありますが、嘔吐を繰り返すことで、胃液の分泌量が異常になり食道炎になってしまう場合がまれにあると言われています。

投稿者 chokirei : 06:55 | コメント (0)

腹筋

腹筋が少ない人は腸の力も弱っているため、腸が緩んでしまい腸のぜん動運動の働きが悪く、排便のときにイキむ力が出ません。そして、便が腸の中に残ったままで便秘に繋がってしまいます。また、運動不足の人は腹筋も弱りがちなので軽い運動をおすすめします。

投稿者 chokirei : 06:58 | コメント (0)

腹部膨満

腹部膨満とは、腸の中にガスが溜まったり、腹水によってお腹が張った状態をいいます。便秘が原因で腸のぜん動運動が低下していたりすると便やガスが腸内に留まったままになるので、腹部膨満になりやすいといえます。簡単な解消法としては腹部を「の」の字を書くようにマッサージする事で腸の動きが促されるので、解消につながります。

投稿者 chokirei : 07:05 | コメント (0)

浣腸

浣腸とは、排便やお腹に溜まったガスの排出を促すためのものです。浣腸をすると、便秘解消を手っ取り早くすることができます。しかし、簡単だからと常用するのはよくありません。浣腸を繰り返す事によって直腸が過敏になってしまい排便が難しくなるケースが多いと言われています。浣腸は便がどうしても出ない時の非常手段と考えてもよいでしょう。

投稿者 chokirei : 07:06 | コメント (0)

食事療法

食事療法について、便秘は食事が大きな原因となっています。食改善すると便秘が治ることが多いので、食事療法はおすすめです。食事のときに、食物繊維を多く取り入れたレシピや、普段の食事に野菜を加えるだけで簡単にできるのが、食事療法のよいところです。また、主食が白米の方は大多数だと思いますが、繊維の多い穀類(そば・全粒粉パンなど)が効果的と言われています。

投稿者 chokirei : 07:07 | コメント (0)

薬局

薬局は処方箋を受け付けている薬局の基準薬局と、そうでない薬局があります。便秘サプリメントや漢方などは普通の薬局でも手軽に購入する事ができます。お薬を飲んだり、漢方を飲んだりするときは、しっかり専門の方に相談した上で選ぶことをお勧めします。漢方専門の漢方薬局もあります。基準薬局は青い十字マークが目印です。

投稿者 chokirei : 07:09 | コメント (0)

カテキン

カテキンとは、ポリフェノールの一種で殺菌作用がある成分です。茶カテキンという緑茶に多く含まれる成分は胃酸では分解されずに腸まで届いてくれます。そのため茶カテキンを飲み続けると腸の中に居るウエルシュ菌が抑えられて、ビフィズス菌などの善玉菌が増えやすい環境をつくってくれます。腸内のバランスを整える事で、便秘改善に繋がります。

投稿者 chokirei : 07:10 | コメント (0)

ビタミンK2

ビタミンK2とは、微生物が作り出すビタミンです。体内の腸内細菌によっても作り出され、チーズや納豆に多く含まれるビタミンです。このビタミンK2と、ナットウキナーゼがバランスよく含まれる納豆を食べる事によって、便秘が解消したというケースはよく見られます。

投稿者 chokirei : 07:13 | コメント (0)

りんごペクチン

りんごペクチンとはその名の通りりんごに含まれるペクチンです。りんごに含まれるペクチンという食物繊維にはケイ素というミネラルが豊富に含まれており、腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きがあると言われています。そのため、善玉菌が悪玉菌の増加を防ぎ、腸内環境のバランスを保ち便秘予防・便秘解消に最適です。また、アトピーや動脈硬化にも効果的だといわれています。

投稿者 chokirei : 07:14 | コメント (0)

玄米

玄米とは、お米の籾殻を取り除いたもので、ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいます。
玄米に含まれた食物繊維が大腸を刺激し、腸内の便の通過が早まり、便の水分が腸壁に吸収されにくくなるのと同時に便が硬くないので、排便がスムーズになるので便秘予防・便秘解消によいといわれています。

投稿者 chokirei : 07:16 | コメント (0)

玄米

玄米のほうが白米より食物繊維の含まれる量が断然多いと言われています。
そのため、便秘予防や便秘解消には白米より玄米がよいといえます。

投稿者 chokirei : 07:18 | コメント (0)

発芽玄米

発芽玄米とは、24時間~28時間ほど寝かせてあげ、人為的に発芽させた玄米のことです。玄米に比べ、発芽するときの酵素の働きにより、もともと含まれていた優れた成分が増加するのはもちろん、玄米の状態では消化吸収しにくかった成分や新しく有効的な成分が生まれます。そのため、便秘にもより最適といわれています。

投稿者 chokirei : 07:18 | コメント (0)

玄米加工品

玄米加工品はおにぎりをはじめ、クリームやお餅など様々な製品があります。なかなか、家で炊くのは面倒くさいという人や食事を家ですることが難しいという人は気軽に玄米おにぎりなどで、玄米を摂取する事で、便秘解消や便秘予防が手軽にできることが知られています。

投稿者 chokirei : 07:21 | コメント (0)

わかめ

わかめは、海藻類の中でもカロチン類を豊富に含み食物繊維がたっぷり含まれている事で知られています。お腹の中で膨れるので、ダイエットレシピとしても多く取り入られています。食物繊維が豊富なため、便秘解消・便秘予防に最適な上、余分なコレステロールやナトリウムを吸着して排出する作用もあるので、体にとってもよい効果があります。

投稿者 chokirei : 07:23 | コメント (0)

ワカメの水溶性食物成分

ワカメの水溶性食物成分について、食物繊維とは、不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維に分ける事ができます。穀類や糖類などに含まれる不溶性の食物繊維は腸内洗浄が期待できます。ワカメには水溶性の食物繊維が多く含まれており、小腸での吸収速度を速やかにし、腸内のコレステロールを包み込んでくれます。ワカメの水溶性食物繊維は便秘解消には最適と言われています。

投稿者 chokirei : 07:24 | コメント (0)

アルギン酸

アルギン酸とは、海藻類などのヌルヌルしているぬめり成分の事で天然多糖類です。このアルギン酸は、腸の運動を助けて、排泄作用を促してくれる働きがあるので、便秘解消また、便秘予防になります。
また、大腸がんの原因といわれている食品に含まれる誘発物質なども薄めると同時に、腸の粘膜を刺激せずに排泄を促してくれるのでがん予防にもなるといわれています。

投稿者 chokirei : 07:25 | コメント (0)