メイン | 2005年09月 »

2005年08月31日

ビタミンC

ビタミンCは、下剤としての働きがあるため、便秘に良いといわれています。腸内の便をやわらかくして、腸内を洗浄してくれます。またお肌のシミや免疫力の強化、疲労回復、抗酸化作用でも知られるビタミンです。食物繊維とビタミンCを意識してとることは、優れた便秘対策といえます。ただし、大量に飲むと、下痢をおこす場合もあるので、注意が必要です。

投稿者 chokirei : 17:23 | コメント (0)

こんにゃく

こんにゃくの食物繊維は豊富であるため、便秘や腸内の洗浄に良いといわれています。カロリーがほとんどないため、ダイエットでも人気がある食材です。主な成分のコンニャクマンナンは、消化が遅く、腸内を刺激して、ぜん動運動を活発にします。からだに優しい食材ですが、消化が遅いというのは、消化が悪いということでもあるので、食べすぎは逆に良くないといわれています。

投稿者 chokirei : 17:24 | コメント (0)

イチジク

イチジクは、薬膳の世界で便秘や整腸など腸内洗浄に関わる働きがあることで昔から知られています。そのためか、イチジク浣腸は、イチジクの実の形をしています。便秘や腸内洗浄に良い理由は、イチジクに含まれるペクチンという食物繊維にあります。ペクチンは、リンゴにもありますが、腸内の働きを活発にするため、便秘に良いといわれています。イチジクは秋の果物。9~10月が旬。

投稿者 chokirei : 17:24 | コメント (0)

ブロッコリー

ブロッコリーには、レモンの約2倍のビタミンCがあるといわれています。そのため便秘や美肌保持に良いとされています。また食物繊維をたっぷりととることができるので、腸内の善玉菌の環境を良くすることができます。便のカサが増やせるうえに、火を通して食すことから、生野菜などで危惧される冷えを気にせず、たくさん食べることができるので便秘解消に最適な野菜のひとつです。

投稿者 chokirei : 17:25 | コメント (0)

アリシン

アリシンは、にんにくの主な成分としてよく知られています。便秘や整腸作用があることでも有名です。アリシンは、ビタミンと結合しアリチアミンとなり、腸内のぜん動運動を活発にする働きがあります。便秘や腸内洗浄には良いのですが、にんにくを食べ過ぎると胃を荒らす場合があるため注意が必要です。

投稿者 chokirei : 17:25 | コメント (0)

ニキビ

ニキビとは毛穴の中に皮脂が詰まり、にきび菌が繁殖してしまい化膿した状態を言います。便秘はニキビを悪化させる要因のひとつと言われています。便秘が直接の原因ではありませんが、体の中で活性酸素が増加したりストレスの原因になったりなどニキビを悪化させる原因が生まれます。

投稿者 chokirei : 21:30 | コメント (0)

便秘症

便秘症とは、水分がない硬い便を数日に1回排出するという状態です。大きく分けると症候性と機能性の2種類があります。症候性の便秘は腸に癌など、疾患が原因で、外科的な治療が必要になります。機能性便秘は大腸の運動不足や生活習慣の乱れなどで起こると言われています。

投稿者 chokirei : 21:31 | コメント (0)

排便感

排便感とは人それぞれの食生活や、ライフスタイルなどにより異なります。便通は健常者であれば通常1日1回ですが、人によっては2,3日に1回や、1日2~3回でも、本人に苦痛がなければ、正常と言っても間違いではありません。便秘のときに食物繊維を多く摂取すると排便感が促進されるといわれています。

投稿者 chokirei : 21:32 | コメント (0)

便の中身

便の中身とは、食べた物が消化しきれなかったカス、腸内の細菌、胃・腸からの分泌物、腸壁からはがれ落ちた細胞などが含まれます。便秘になった時など、便が腸の中にとどまる時間が長いほど、便の中の水分が奪われてしまい、空気が分離して、ガスが発生したり、コロコロの硬い便になったりします。

投稿者 chokirei : 21:33 | コメント (0)

隠れ便秘

隠れ便秘とは、毎日排便があっても、すっきりしなかったり、便が硬い、という場合や腸の中に長時間 便をためているなど、本人が気づいてない便秘の事を言います。残便感がよくある場合などは要注意です。

投稿者 chokirei : 21:34 | コメント (0)

お通じ

お通じとは、排便のことをいいます。
お通じは、毎日、規則正しいのが理想といわれていますが、
便の状態が良ければ、毎日でなくとも便秘ではないといわれています。
3日以上お通じがない場合や、便の水分が足りず硬い状態などは
便秘と考えられています。

投稿者 chokirei : 21:35 | コメント (0)

骨盤の歪み

骨盤のゆがみが便秘の一つの原因としてあります。骨盤がゆがんだり、開くことによって、内蔵が下がり、腸を圧迫して腸内の活動を低下させます。その結果便秘を招きます。いつもバックを同じ肩でかけてる、座る時同じ脚を組んでしまう、下腹部がポッコリ出てるなど当てはまるものはないでしょうか?
あなたの便秘の原因は骨盤のゆがみかもしれません。

投稿者 chokirei : 21:36 | コメント (0)

ウォーキング

ウォーキングについて、運動不足は便秘の原因の一つです。つまり、便秘を解消するには運動をすることが効果的だといえます。胃腸を支え、食べたものを腸へと送る働きを助ける腹部の筋肉を鍛えるにウォーキングが適切です。しかしただ歩けばいいのではなく、背筋をピンと伸ばし、胸を張り、お腹に力を入れる正しい姿勢でのウォーキングによって、腸を支える筋肉が強まり、腸内活動を活発化させ、便秘を防ぐことができます。

投稿者 chokirei : 21:38 | コメント (0)

ストレッチ

ストレッチについて、便秘は腸を支える腹部の筋肉、の衰えが一つの原因です。排便をする際、私たちは無意識に腹筋に力を入れ、腸を圧迫し刺激します。腹筋が衰えてると便を押し出そうとする力が入りません。腹筋を鍛えるためにはストレッチが有効的です。また、腹部や腰をストレッチすることによって腸に直接刺激を与え、腸内の運動力をアップさせることができます。

投稿者 chokirei : 21:39 | コメント (0)

体操

体操について、便秘解消法に便秘体操があります。あおむけに寝て、片方の膝を両手で抱え、お腹に近付けます。息を吐きながら、できるだけ膝を引き寄せ、太股でお腹を押さえるようにします。ゆっくり息を吸いながら、体を元の状態に戻します。もう片方の膝を曲げないように、腹式呼吸でするのがポイントです。これを、交互に10回ぐらいずつ繰り返すことによって、腸を刺激し、運動力が増加するので便秘に効果的です。

投稿者 chokirei : 21:39 | コメント (0)

ヨガ

ヨガのポーズには、腹筋を使い、体をひねるものが多く含まれており、便秘解消に有効的だといえます。
例えば、胎児のポーズがあります。これは仰向けになり、両膝を抱え込み、胸に近づけ、顔も膝に近づけます。膝をより胸に近づけることで、腸を刺激し、働きを活発化させます。ヨガのようなストレッチは腹筋を鍛えたり、直接腸に刺激を与えることができるので、便秘の最適な解消法の一つです。

投稿者 chokirei : 21:40 | コメント (0)

コロコロ便

コロコロ便とはウサギの糞のような硬便のことを言います。
実はこれも便秘の一種で、正常とされる便よりも水分量が少なく、
排出するときに、痛みが伴う事もあります。

投稿者 chokirei : 21:44 | コメント (0)

下痢の場合

下痢とは、水分が通常の便より多く、液状に近い便の事を言います。
便秘の原因のひとつでもある悪玉菌が実は下痢の原因のひとつでもあります。
両者とも正反対の症状ですが、お通じの異常という点から見たら、正反対のものではありません。

投稿者 chokirei : 21:45 | コメント (0)

便秘薬

便秘薬には沢山の種類があります。
種類によって効用も腸の収縮運動を活発にするものや、便に水分を与えるもの
、便をやわらかくするものなど、様々です。
便秘の症状も個人差があるので、自分にあった薬を
薬剤師の方に相談したりして選ぶことをお勧めします。

投稿者 chokirei : 21:46 | コメント (0)

黒い便

黒い便は、血液が混じってる可能性があります。
血液の中に含まれるヘモグロビンには鉄分が含まれており
食道、胃、十二指腸、小腸からの出血は便として排出されるまでに
空気に触れて、鉄分が酸化することによって黒色になります。
慢性的な便秘の方の便に多く見られる症状です。

投稿者 chokirei : 21:47 | コメント (0)

ニオイのきつい便

ニオイのきつい便は腸の中の健康を知るための重要なバロメーターです。
便のニオイがきつい場合、悪臭成分には発がん性や有毒性のあるものが多く、
便秘の時など腸の中に便が溜まった状態で便が腐敗する事によって、
有害な物質がつくられてしまいます。

投稿者 chokirei : 21:48 | コメント (0)

便が水に浮かない

便が水に浮かないということについて、一般的に、食物繊維が不足していると便は水に浮かないといわれています。赤ちゃんの便のように水に浮くのは健康的な便ですが現代の食生活で、添加物などを摂取する事によって便秘や水に浮かない便になりやすいのです。

投稿者 chokirei : 21:49 | コメント (0)

腸内環境

腸内環境とは腸の中にいる、善玉菌と悪玉菌、両者のバランスの事をいいます。
善玉菌が優位ならよい環境。反対に悪玉菌が優位なら悪環境となります。
腸内環境を良くすることで、便秘や肌荒れの改善につながります。

投稿者 chokirei : 21:49 | コメント (0)

肌のくすみ

肌のくすみについて便秘の方に多く見られるのがお肌のトラブルです。
宿便により毒素が体内にまわり、皮膚から毒素を排出しようと
するのが原因で、肌のくすみにつながります。

投稿者 chokirei : 21:50 | コメント (0)

体臭

体臭について、便秘の状態が長く続いてしまうと、腸の中で細菌がたんぱく質を分解したときにでるアンモニアやインドール、スカトールのニオイの原因となる物質が排泄しにくくなります。そういった場合、肝臓で尿素に合成されない部分は呼気や汗腺から排出されるため、体臭が強くなることがあるといわれています。

投稿者 chokirei : 21:51 | コメント (0)

発酵食

発酵食について、便秘などお腹の調子が悪い状態の場合、腸内の悪玉菌が優勢だと言えます。逆に悪玉菌より善玉菌が優勢であれば腸内の環境がよく、便秘にはなりません。その善玉菌を増やす成分が多く含まれているのが発酵食です。便秘解消には、味噌、醤油、酢、納豆、漬物、かつお節などの発酵食品を、食生活に積極的に取り入れていきましょう。

投稿者 chokirei : 21:57 | コメント (0)

ヨーグルト

ヨーグルトについて、便秘解消には腸内の善玉菌を優勢にする必要があります。善玉菌は外部からの有害な菌をシャットアウトしたり、免疫力を高め、腸内で有害な物質を作る悪玉菌を抑える働きがあり、その代表がヨーグルトに含まれているビフィズス菌や乳酸桿菌などの乳酸菌群です。ヨーグルトを毎日200~300gずつビタミン、食物繊維の豊富な食品といっしょにとるとより便秘解消に効果的です。

投稿者 chokirei : 21:58 | コメント (0)

ビフィズス菌

ビフィズス菌には、腸に働きかけ、食物が腸内をスムーズに通過させ便秘に効果的な力があります。
それは、善玉菌の代表であるビフィズス菌が外部からの有害な菌をシャットアウトしたり、
免疫力を高め、腸内で有害な物質を作る悪玉菌を抑える働きがあるからです。
ヨーグルトなどビフィズス菌が多く含まれる食品を摂取すると、便秘がなくなり腸内環境を
整えることができるでしょう。

投稿者 chokirei : 21:58 | コメント (0)

乳酸菌

乳酸菌について、便秘に良いと言われている乳酸菌には、腸内運動を活発化させ、便通をスムーズにする効果があります。乳酸菌は善玉菌であり、外部からの有害な菌の混入を防ぎ、腸内で有害な物質を作り便秘を招くといわれる悪玉菌を抑える働きをします。乳酸菌ははっ酵乳、乳酸菌飲料、チーズなどの乳製品をはじめ、味噌、しょうゆ、漬物等の製造に利用されています。

投稿者 chokirei : 21:59 | コメント (0)

自分に合うヨーグルト

自分に合うヨーグルトについて、便秘には善玉菌を多く含むといわれるヨーグルトを取ることが良いと言われています。しかし、ヨーグルトにもいろいろと種類があり、それぞれに含まれてる善玉菌が異なります。例えば、LG21菌が含まれるヨーグルトには胃と腸の調子を整える効果があります。GG菌を含むヨーグルトには、腸内でウェルシュ菌やアンモニアの量を抑える働きがあり、おなかの中の老廃物をきれいにすると言われています。味も異なるので、ヨーグルト独特のすっぱさの苦手な方も酸味の控えめなヨーグルトを選んで、便秘解消のために摂取していくとよいでしょう。

投稿者 chokirei : 22:00 | コメント (0)

菌叢(きんそう)

菌叢(きんそう)について、人の腸内にある100種類、100兆個の善玉菌、悪玉菌、日和見菌の集合を腸内菌叢といいます。“腸内菌叢のバランスを整える”とは、善玉菌が優勢な状態に保つことで、このバランスが悪いと便秘を招きます。便秘から解消されるためにこの腸内菌叢の状態を良くする方法が、乳酸菌を多く含むヨーグルトを食べることです。

投稿者 chokirei : 22:01 | コメント (0)

バクテロイデス菌

バクテロイデス菌などの悪玉菌は、腸のなかでアンモニア、硫化水素、アミン、
フェノールなどの腐敗性物質を生成することで知られています。
悪玉菌とは動物性脂肪やタンパク質から有害物質を作る菌のことで、
悪玉菌優位に傾くと徐々に体内に毒素がたまり、便秘の原因となります。

投稿者 chokirei : 22:02 | コメント (0)

きな粉

きな粉について、黄色い大豆が使われ、その大豆を煎って粉にして作られたきな粉には、食物繊維・レシチン・イソフラボン・サポニン等が豊富に含まれています。食物繊維は、腸内の有害物質を体外へ排出する働きがありますので、便秘解消に効果的です。また、便秘が改善される事により、口臭・体臭予防にもなります。

投稿者 chokirei : 22:02 | コメント (0)

大豆たんぱく

大豆たんぱくは食物繊維が豊富で、胃腸にたまった老廃物をきれいにし便秘解消に役立ちます。便通が悪いと、 本来は便と一緒に体外に排出されるはずの有害物質などが長く体内に溜まることになります。
それが様々な病気を引き起こす原因にもなります。大豆製品をたくさん食べて、腸内環境を整えましょう。

投稿者 chokirei : 22:03 | コメント (0)

イソフラボン

イソフラボンは大豆の胚芽に含まれている植物の色素成分であるフラボノイドの一種です。
イソフラボンには、人体の女性ホルモンと似た働きをする作用がありますが、
直接便秘改善に効果的な作用があるとは言えません。
しかし、イソフラボンを含む大豆には食物繊維が多く便秘改善に良い食品です。

投稿者 chokirei : 22:04 | コメント (0)